【IPO対応!】大和証券系CONNECT(コネクト)の口座を開設した理由と口コミ

株式投資

こんにちは。わたぱぱです。

大和証券系列のスマホ証券『CONNECT(コネクト)』の口座を開設したので、その魅力や使い勝手などをレビューしようと思います。

申し込みから取引まで、基本的にスマホ一台あれば問題なしです。完全にスマホを前提に作りこまれていますね。

スポンサーリンク

コネクトとは

1株から買える証券アプリ「CONNECT」。そのロゴに込めた思い | 東証マネ部!
テレビや新聞でよく見る”株価”。しかしながら、通常、東証に上...

コネクトは、大和証券系列のスマホ証券です。

「ひな株」と称している端株投資ができることが特徴です。ネオモバイル証券や私が使っているLINE証券など、ほかにも端株投資ができる証券会社はあります。

この度、コネクトの機能がレベルアップし、魅力的だと感じたため口座開設をしました。

コネクトの口座を開設した理由

口座開設した理由は、

  • IPOの取り扱いがある
  • 端株投資が可能

以上、2点です!今回レベルアップし、IPO取り扱いが始まりました。

個人的に一般ピーポーが日本株を取引するなら、端株がいいと思います。日本株は最低投資価格が高いので。

ちなみに端株の取引手数料はネオモバのほうが安いです。月額220円、しかも200円のポイントバックがあります。

もし長期投資であまり売買しないなら、LINE証券(手数料0.2%~0.4%)がおすすめです。

大和証券系列だからIPOに強い

IPOについてですが、私はSBI証券でIPOに挑んでいます。が、一向に当たりません。SBIの場合、IPOに外れたときにもらえるポイントを使うことで当選確率を上げることができます。

まだ十分に貯まっていないので今は辛抱のとき・・・

んで、大和証券はIPOの主幹事を取ることが多い証券会社です。野村と違って筋が良いIPOを取り扱うと聞いたことがあります。

IPOについては後ほど後述します。

端株投資が可能

コネクトでは端株のことを「ひな株」と呼んでいます。

株式は通常100株単位での取引となります。これを1株単位で売買することが可能になります。

100株単位だと、株価によってはエントリーをミスると身動きが取れなくなってしまいますが、1株単位であれば小額で打診エントリーして、下げてもナンピンして食い下がることが可能です。取引に戦略性を出せるわけです。

コネクトの手数料 端株はちと高い

0.5%が手数料になります。往復で1%取られますね。高いわ!!!!

銘柄によりますが、LINE証券は0.2%~0.4%です。詳細はこちら。

LINE証券0714
【いちかぶ対象拡大】LINE証券で端株個別投資!タイムセールキャンペーンも活用
こんにちは、わたぱぱです。今回は、私のサブ口座として活躍しているLINE証券を紹介したいと...

ネオモバなら、手数料は月220円&200円のポイントバックがあります。

ご参考までに、単元株(信用取引含む)の売買については、0.033%(MAX660円)が手数料になります。

手数料無料クーポンというものがあり、毎月10枚もらえます。月10回は手数料ゼロで取引できます。それより端株の手数料なんとかしてくれい・・・

CONNECTのIPO

CONNECTは、よく主幹事を取る大和証券の系列で、まだ口座数がそれほど多くないので、当選チャンスが多いと思います。

抽選までには資金を口座に入金しましょう

CONNECTは、SBI同様に申込時に資金が不足していても抽選申し込みは可能です。

しかし、抽選のときに資金余力がないと抽選対象から外れてしまいますので、口座を開設したら30万円くらい入金しておくと良いと思います。

ご入金は、抽選参加申込時には必要ありませんが、当社にて抽選を行う時点までには必要となります。抽選は、購入概算代金以上の金額が確認できるお客さまを対象に抽選を行います。

CONNECT HP

ご参考:CONNECT公式サイト

私は当選後に入金すればよいのだと勘違いしており、6回ものチャンスを無駄にしました・・・

IPO当選確率を上げるために

配分は販売数量の70%分を完全抽選で行います。

さらに完全抽選で当選されなかったお客さまを対象に、販売数量の30%分を以下の5つの優遇条件で再抽選いたします。該当する条件が多いほど当選確率がアップします。

CONNECT HP

以下の条件を満たすほど、当選の確立がアップします。

年齢はどうしようもないですが、それ以外の部分はなるべくクリアしたいところ。

私はすでに楽天証券にNISAを開設しており、移管は面倒ですのでNISAのみ諦めました。

信用口座は開設しております。

で、安い株を信用で買いました。インベスコオフィスREITにしました。1万円ちょっとで投資できます。

こちらの記事で紹介しています。

【10万円台以下】おすすめオフィスリート6銘柄をピックアップ!
こんにちは、わたぱぱです。今回は私がインカム狙いで投資しているREITの中でも、オフィスに特化して...

あとは投資信託ですね!ローンチしたら、てきとーに米株インデックスでも買おうかと思っています。

口座開設の流れ

口座開設の流れは以下の通り。

  1. 公式ページにアクセスして、「口座開設」をクリック
  2. メールアドレスを入力
  3. メールアドレスに送られてきたリンクから、個人情報を提出
    ※マイナンバーカードや免許証の画像データを送るので、データがなければスマホ推奨
  4. ログイン情報が郵送(簡易書留)で届く

大和ネクスト銀行の口座も同時開設することになりますが、証券口座への入出金専用になります。別途提出するものもないので、手間はかかりません。

申し込んで3日目にログインに必要な情報が書かれた郵送物が届きました!

記載されているQRコードをスマホで読み取ってアプリをダウンロードします。

ここからの操作は全てスマホアプリで大丈夫です。画面に沿って必要な情報を入力し、済んだら取引可能になります。2分で終わります。

信用取引口座を開設したければ、投資スタイルは「値上がり益重視」を選択しましょう。

信用口座の開設

こちらがアプリのトップ画面。信用取引の『未開設』と書いているあたりをタップ。すると開設申し込み画面に飛びます。

信用取引に関する2択クイズに答えた後に申し込みになります。確か8問あったかな。信用取引をやっている人なら普通にわかる内容ですが、正解は全て上の選択肢でした。たまたまかもしれません。

申し込み後は審査を経て信用口座の開設となるわけですが、審査の際にアプリダウンロード後に入力した投資経験や、投資スタイルも考慮されるようです。

信用取引経験あり・値上がり益重視、としているとクリアしやすいかと思います。
嘘つくことはないけど。

IPO申し込み

画面下部のメニューバーから『銘柄を探す』→IPO抽選申し込み と進みます。

Webブラウザが立ち上がり、目論見書などの閲覧をしたのちに抽選申し込み可能となります。全て確認したら、申し込みのために一度アプリに戻る必要があるのがイマイチ・・・。

IPO申し込みの手軽さだとSBI証券が段違いですね。ぜひ開設しましょう。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

よいスマホ投資ライフを!では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました