デイトレで85万負けた私のスイングトレードルール

こんにちは、デイトレからスイングに移行したわたぱぱです。

「こんな感じでどうかな」とルールを策定、運用したところ1週間連日プラスを達成できました。保証金30万ちょっとで、週で5万円ほどの利益です。

地合いに恵まれていたこともありますが、今後もワークすることを期待して一応記録しておきます。

ざっくり言うと、長期で期待できる銘柄の押し目狙いです。

スポンサーリンク

銘柄選定

最も大事なのが銘柄選定です。「多少落ちても、この銘柄ならすぐ反発するだろう」が根幹の考え方なので、ここでミスると事故ります。

長期で上昇トレンド(月足で確認)

長期で上昇トレンドの場合、多少下げても反発する期待が持てます。長期は順張り、短期は逆張りです。

信用売り買いのバランスが良い

信用買いは将来の売り圧力に、信用売りは将来の買いになります。

銘柄によりますが、東証一部の大型株であれば1.5倍以下、マザーズでも3倍以下くらいを目安にしています。

銘柄によっては、やたら信用買いが多いのが普通のものもあるので、そこらへんは普段との違いを確認します。

出来高が安定している

ある程度の出来高が無いと、反発するパワーがうまれません。裏を引いたときに撤退しやすいのも良い点。

支持線がわかりやすい

エントリーや損切ポイントの目安になります。

支持線が近く、実際に機能しているといいですね。

極端に旬でない

強い注目を浴びて、大きく上昇している銘柄は避けます。ボラが大きすぎて対応できませんので。

トレード方法

銘柄を選んだら、ルールに従って取引を行います。

エントリーの目安

寄り付き後や前場引けで、監視銘柄の中で下げている銘柄を探します。それらのチャートを日足で確認して支持線で指値もしくは反発を確認して成り行きでエントリーします。

指値まで届かず反発した場合は、早期に発見出来たら差し直しや成り行きで追いすがります。すでに反発した後に気づいた場合は諦めます。

損切りの目安

支持線を突き抜けて下落したら、動きを見ながら損切りします。

一つ下のラインを抜けるようであれば即撤退。

あとは、他の銘柄を取引したい時に余力が無ければ、損切りもやむないかと思います。

利食いの目安

直近の高値付近が一つの目安。それを超えて高値更新するようであれば、しばらくホールドもありかと。

あとは吹き値売りですね。寄り付きで大きくGUした場合などは手仕舞っていいでしょう。

最後に、他の銘柄が良い押し目を作っていた場合。余力がない場合は利益が出ているポジションは利食いして、次に行きましょう。

場合。余力がない場合は利益が出ているポジションは利食いして、次に行きましょう。

実例 3064 MonotaRO

6/8 日足

良かった例を紹介します。

6/1にモノタロウにエントリーし、3万円ほどプラスでした。矢印の所でエントリーし、翌日決済しました。

過去に何度も機能している指示線でエントリーしてうまくいきました。

私は楽天証券を利用しています

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント

  • PC用アプリ「Market Speed」が使いやすい
  • スマホアプリ「iSpeed」が使いやすい
  • スマホアプリ「iSpeed」で米国株・ETFも買える(4/27から)
  • いちにち信用は手数料ゼロ円。デイトレ向き。
  • iSPEED日経テレコンで日経新聞の記事が無料で読める
  • 楽天銀行と連携すれば銀行の普通預金金利が0.01%(メガバンクの100倍)になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました