Zolo Libertyはコスパ抜群のBluetoothワイヤレスイヤホン!おすすめです

その他

安くて良いワイヤレスイヤホンないかなぁ、とお悩みの方へとっておきのおススメがあります。

【bluetoothワイヤレスイヤホン】Totemoi S2-02を実際使用した感想【口コミレビュー】
3か月前に、こちらのイヤホンを購入しました。サクっとレビューします。ぶっちゃけおススメはしませんいきなりこんな結論ですが、おススメはしません。実際に使ってみて感じたいい点、悪い点を後述するので、よかったらご参考に。カナル型のBluetoot

この記事で紹介しているイマイチなイヤホンを愛犬に噛み壊されたので、今回はネットで調べまくり、とにかくコスパが良いとに決めました。

価格とクオリティのバランスで言うとトップレベルらしいので購入。

前評判に違わぬコストパフォーマンスを実感しました。

Zoloというのは、モバイルバッテリー等でお馴染みの、アンカーのオーディオブランドのことで、Libertyというのが機器の名称。

ちなみに、liberty+というハイエンド機もあるのですが、15,000円くらいするのでコスト重視の私は見送り。

最近はsoundcoreという、廉価版モデルも出ております。

さて早速使ってみたのでレビュー。

広告

抜群に装着感がいい

以前使っていたイヤホンは、ぽろぽろ耳から取れて付け心地は悪かったです。

Zoloはしっかり耳にフィットするので外れることはありません。走ってもずれないですね。
フィットしているので音もクリアに聞こえます。

後述しますが、部品の組み替えが可能。
自分の耳に合わせてカスタマイズできるのがいいですね。

コストパフォーマンスは最高

ZoloLibertyは8,000円。

安いとは言わないけど、ワイヤレスイヤホンは1万円は出さないとまともなものは見つかりません。しかしZololibertyは、それ以下の価格帯にもかかわらず普通に使えます。

2,000円代のワイヤレスイヤホンを使ったこともありましたが、接続が切れたり、すぐ壊れてしまったりしました。安物買いの銭失いってやつです。

bluetoothの接続は良好

散歩中、通勤中に使用しています。

音が途切れることはめったにありません。全くないわけではありませんが、appleのairpodsでもたまに音が途切れるので、仕方ないかと思います。

いやー快適です。買ってよかった。

付属品について解説

日本語の説明書あり

説明書や箱の記載が日本語でもされています。
使用方法はシンプルなので、説明書なくても使えそうですが、あるにこしたことはないですね。

充電ケース

手のひらサイズのケースです。

ケースに入れている間は充電されます。

いかすUSBケーブル

黄色いコードで、ロープみたいになっています。
オシャレです。

イヤーピース&ジャケット

イヤーピースはL M Sの三種類。購入時はMがついていました。

また、耳の形状に合わせてイヤホンのgripfitなるシリコンのジャケット部分を着せ替え出来ます。

音質について

気になる音質ですが、結構いいと思います。

カナル式でフィット感がいいので、それだけでもよく感じちゃいますね。
電源を入れたときのホワイトノイズが若干気になりますが、実用に問題なし。

追記 不具合発生時の対応も良かった

使い始めて1週間ほど経過。
突然右耳のイヤホンから音が出なくなりました。

カスタマーサポートに連絡したら、新しいものと交換してくれるとのこと。
3~4営業日で発送するとのことでしたが、連絡した翌日に新品が届きました。はやっ。

その後3か月利用してみて

購入から3か月経過しましたが、交換してからは不具合はありません。

人が多い東京で使った時も、音飛びせずしっかり使えました。

上位互換のliberty+はこちら

音質などにこだわりがあるかたら、上位互換もあるので合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました