銀行退職時に有休を全て使い切った方法!【実体験】

広告

退職時には、残っている有給は全て使い切りたいと考えるのは当然のこと。

有給取得は労働者の権利である以上、会社からそれを断ることはできません。

この記事では、退職時に有給をすべて消化した交渉経緯をまとめたいと思います。

要点だけ抜き出すと、

  • 有給をすべて消化する旨をはっきり伝える
  • 退職の申し出は会社の規定通りの猶予をもって行う
  • ケンカする覚悟を持つ

これが大事。

そもそも有給とは?

6か月以上、所定日数の8割以上勤務した場合に、企業が従業員に付与しなければならない、給料が出る休暇のことです。

原則、従業員は自由に有休を取得することが可能です。

企業側は、それを拒否することはできません。

しかし、同時期に有給申請が集中してしまった場合など、受け入れてしまうと業務が回らなくなることもあるでしょう。

そんなときのために企業に認められているのが「時季変更権」です。

時季変更権とは、従業員に有給取得の日程をずらしてもらう権利のことです。

退職時においては、時季変更権の行使はできないという見解が一般的です。

理由は、有休は企業に在籍しているから取得できるものであり、退職日以降にズラすことは不可能だからです。

労使合意があれば、有休の買い取りも認められています。
ちなみに、有給の買い取りは原則違法です。

交渉の実例 僕の場合

所属部店の人事責任者と面談した際に、退職日が決まっているので、逆算して有休をすべて取得したい旨を伝えました。

もちろん、引継ぎはしっかり行うつもりなので、後任を早く決めてもらわなければなりません。

早くスケジュールを固めて、家を探したり契約したりしなければなりませんでしたので、とっとと後任を決めて欲しいということも伝えました。

会社側の反応はこんな感じでした。

 

・有給取得は君の権利だから、それは当然認めます。

・しかし、社会人として引継ぎはしっかり行ってもらいたい。

・後任の目途が立っておらず、もしかすると11月の下旬になるかもしれない。

・会社側には「時季変更権」があるので、有休を前倒しで消化してもらうなどの調整が必要になるかも。

・有給の全部消化は、現実的に考えると難しいかも。

僕が会社に辞意と退職希望日を伝えたのは9月。

後任の選定に2か月かかるなんて、おかしな話です。

そもそも、社内規定で「退職する場合は退職日の2か月以上前に申し出ること」と定められていました。

それよりも1か月余裕をもって3か月前に申し出たわけなので、私に落ち度はありません。

人繰りが大変というのは理解できますが、それを見越しての2か月という決まりなのでは?

そもそも、それは会社の都合ですので、私の知ったこっちゃありません。

所属部店との面談の後は人事部とも面談。
そこでも有給全部消化したいとハッキリ申し出ました。

人事部は「現場が許せばいいですけど、有給全取得は難しいですねぇ」とか言ってました。
ほんとに人事の発言かねそれが。

本当に有給消化が出来なければ、労基にチクるか、ツイッターで公開するか。やりようはいくらでもありますね。

とはいえ、好きで入った会社ですし、いろんな方にお世話になりました。

なるべく、調整したうえで円満退社を目指しました。

まとめ

希望ははっきり伝えること。

現場の上司だけでなく、人事部にも意思表示をすることが大事です。

とはいえ、あまりに急だと調整しようもないのである程度の猶予はもちましょう。

あと、当然現場はその分大変になりすのでネガティブな反応は予想通り。
勝ちは確定なので、最後はケンカする覚悟を持って臨みましょう!

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました