【WealthNavi】ロボアドバイザー比較!【THEO】

こんにちは、わたパパです!
2018年2月から、ロボアドバイザーで投資を始めました!
ロボアドバイザーとは、AIを活用して低コストで運用する最先端の投資手法です。
手数料も年間1%と投資信託と比べても安いです。
住信SBIネット銀行と提携している「ウェルスナビ」と「THEO」の両方利用しています。
ウェルスナビは「ウェルスナビ」、THEOは「お金のデザイン」という企業が提供しているサービスです。

Advertisements

ウェルスナビとTHEOの違い

1.投資額

一番大きな違いは投資額です。
ウェルスナビは10万円から、THEOは1万円から始めることが出来ます。
尚、ウェルスナビfor住信SBIでは30万円からです。
積立額は、ともに1万円からです。

最近、イオン銀行とも提携したようですね。

2.提携銀行

ウェルスナビは、住信SBIネット銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ソニー銀行、イオン銀行の口座であればクイック入金が可能です。
THEOは、住信SBIネット銀行のみ提携しています。
※2018年4月1日時点

3.投資方法

ウェルスナビはインデックス運用、THEOはスマートベータ運用です。
インデックス運用とは、ベンチマーク通りの運用を目指すもの、スマートベータ運用とは独自の基準に基づいた運用をするものです。
結局どちらもダウ平均株価等と連動するのでどっちがいい、とかは判断が難しいです。

4.運用手法の数

ウェルスナビは、6つの質問に回答して5つのリスク許容度を判定、それに応じた資産配分を行います。
THEOは、231通りも運用方法が用意されています。
多ければ良いとも限りませんので、あまり深く考えずともよいと思います。
住信SBIネット銀行であれば、どちらも提携しているので口座開設してうえで始めることをお勧めします!
クイック入金ができるので、便利です。
こちらの記事で、運用実績を公開するので、あわせてどうぞ!!
ウェルスナビの登録はこちらから!



<リンク集>
運用実績比較!
ウェルスナビ
THEO
住信SBIネット銀行

コメント