【WealthNavi】ロボアドバイザー比較!【THEO】

こんにちは、わたぱぱです!

2018年2月から、ロボアドバイザーで投資を始めました!

ロボアドバイザーは投資初心者にもおススメです!

利用者の実に80%の方が投資未経験者だそうです。

ロボアドバイザーとは、AIを活用して低コストで運用する投資手法です。
手数料も年間1%と投資信託と比べても安いです。
住信SBIネット銀行と提携しているWealthNavi」と「THEO」の両方利用しています。
※2018年12月にWealthhNaviからは撤退しました。

【追記】

住信SBIネット銀行とTHEOの提携は解除されました。

提携サービスを利用していたユーザーの資産はプロパーのTHEOに自動移管されます。

今はTHEO独自のサービスしかありません。

WealthNaviは「ウェルスナビ」、THEOは「お金のデザイン」という企業が提供しているサービスです。

共に、AIを活用した低リスクの運用方法ですが、元本保証はありません!

私自身、長い間含み損でした。

ウェルスナビとTHEOの違い

最初の投資可能額

一番大きな違いは投資額です。

WealthNaviは10万円から、THEOは1万円から始めることが出来ます。

尚、ウェルスナビfor住信SBIでは30万円からです

積立額は、ともに月1万円からです。

手数料

WealthNaviは、年間1%です。
※3,000万円を以上の金額に対しては0.5%です。そんな人いるのか。

THEOも1%でしたが、手数料体系が変更されました。

1%から投資額に応じて手数料率が安くなります。詳細は公式HPでご確認下さい。
※最大で1,000万円以上預けると、0.65%まで低くなります。

投資手法

大差はないと思っておりますが、投資手法も若干違います。

WealthNaviはインデックス運用、THEOはスマートベータ運用です。

インデックス運用とは、ベンチマーク通りの運用を目指すもの、スマートベータ運用とは独自の基準に基づいた運用をするものです。

結局どちらもダウ平均株価等と連動するのでどっちがいい、とかは判断が難しいです。

運用手法の数

WealthNaviは、6つの質問に回答して5つのリスク許容度を判定、それに応じた資産配分を行います。

THEOは、231通りも運用方法が用意されています。

 

【合わせて読んで欲しい】

ウェルスナビとTHEO運用実績比較

WealthNaviの登録はこちらから!

THEOはこちら!

THEO


<リンク集>
運用実績比較!
ウェルスナビ
THEO
住信SBIネット銀行

コメント

タイトルとURLをコピーしました