ウェルスナビの手数料は高い?ポートフォリオを自力で再現したらどうなるか検証しました

流行りのロボアドバイザー、WealthNavi

世界各地のETF(上場投資信託)に自動で分散投資、適宜ポートフォリオを見直してくれるサービスです。

僕はウェルスナビと、「お金のデザイン」が提供するTHEOを利用しています。

さて、このウェルスナビ、年間1%の手数料がかかります。

WealthNaviのポートフォリオを自力で再現したらコストはどれくらい変わるのか?

シミュレーションしました。

ウェルスナビ、ロボアドバイザーってなに?という方はこちらもどうぞ!

(参考記事)ウェルスナビとTHEOについて

(参考記事)ウェルスナビとTHEOの実績比較

THEO Color Palette
広告

前提条件

・リスク許容度は(最も高リスク)

・2018年9月23日のポートフォリオ

・信託報酬はSBI証券で調査

ポートフォリオとコスト一覧

投資対象ETF名コスト構成割合
コスト×構成割合
米国株VTI0.04%34%0.01%
日欧株VEA0.07%34%0.02%
新興国株VWO0.14%14%0.02%
米国債券AGG0.05%5%0.00%
GLD0.40%8%0.03%
不動産IYR0.43%5%0.02%

コスト×構成割合をすべて足すと・・・

0.11%!!!

ウェルスナビのほぼ1/10ですね。

ウェルスナビのメリット・デメリットは?

では、ウェルスナビを使う理由はないのでしょうか。

投資初心者が投資を始める第一歩目としては、悪くないかもしれません。

THEO Color Palette

メリット

ウェルスナビのメリットはこちら。

専門知識が必要ない

投資初心者が、いきなり自分でETFを購入するのはハードルが高いかもしれません。

ウェルスナビであれば投資デビューとしてはとっつきやすいと思います。

手間が省ける

自分でやろうと思うと、証券会社の口座を解決し、一つ一つ買い付けをする必要があります。

めんどくさいですね。

ウェルスナビなら一回で済みますし、損益の確認も合算で見られるのでわかりやすいです。

リバランス機能

市場の動き、ポートフォリオの割合の変化に応じて売買をしてくれます。

なので、ほったらかしにできることがウェルスナビ最大のメリットです。

デメリット

デメリットはやはり手数料・・・。あとNISAを使えないのも痛いですね。

コストが高い

上の表で比較した通り、同じものを買っているのにコストが全然違います。

NISA枠が利用できない

利益が非課税になるNISA/積立NISAの対象外です。
リバランス時に売買をするためです。

ETFならNISA口座で購入できますので、税金がかかりません。

自分で投資対象を選べない

投資経験を積むと、「あれをもっと買いたい」」とか「あれにも投資したい」とか、自分の考えが出てきます。

ウェルスナビはお任せなので、自分の考えでポートフォリオを選ぶことが出来ません。

まとめ

ウェルスナビは、敷居の低さや管理の楽さなどのメリットはあります。

しかし、手数料が割高なことも事実。

投資経験のない方、自信のない方はウェルスナビから始めてみて、興味が出てきたら自分でETFや個別株などにチャレンジして頂くのがいいと思います。

では!!

(登録無料)ウェルスナビ申し込みはこちら

「WealthNavi」で資産運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました