銀行を辞めたらやりたいこと、銀行にいてはできないこと

銀行というのは、とかく従業員に制約を設けます。

お金を扱う仕事であること。
顧客である上場企業の、株価に影響を与える情報(インサイダー情報ってやつです)を知りえる立場にいること。

とにかく「あれやっちゃだめ!」「これやっちゃダメ!」が多いです。

銀行からの脱出を控えた僕が、退職後にやりたいことをまとめます。

銀行志望の人、はいっちゃったらこれらのことはできません。ご注意を。

Advertisements

個別株投資

銀行や証券会社は、上場企業がお客さんになることは普通のこと。
株価に影響を与えるような、重大なことを発表前に知りえる立場にあります。

そのため、個別株の売買は「届出」をしなければ行うことができません。
支店や部で取引がある企業の株は、「許可」を受ける必要があります。

また、株の短期売買(3か月以内)は禁止です。

実態は「めんどくせーから個別株の売買はするな!」と言われてしまいます。

FX

銀行員が金に困り、顧客の金を着服という事件は実際に起きています。

一般に給料が高いはずの銀行員が金に困る理由は、FXや株の信用取引などの投機です。

そのため、社内規則でFX、株の信用取引は禁じられています。

最近は、仮想通貨もダメと言われ始めています。

副業

銀行に限りませんが、副業は禁止です。

界隈では、新生銀行のみ副業を解禁しています。
発表当時は話題になりました。

プログラミングの勉強

これは禁止られていることではありません。

しかし、平日は残業、飲み会、取得を強制される資格の勉強などで忙しく、プログラミングの勉強まで手が回りません。

仕事で必要なわけでもなし、「プログラミング勉強してます!」と言っても「何してんの?銀行業務検定の勉強しろよ」とか言われるのがオチでしょう。

 

以上、銀行辞めたらやりたいことでした!
わくわくしますね!

銀行志望の学生さんは、認識しておいてください。
入社前にこんなこと教えてくれませんので!

コメント