【地方から都会への転職】スカイプ面接が超便利!

新潟にいながら、東京の会社への転職をしたい!
ということで、スカイプで面接を受けました!

転職したいけど、行きたい会社が遠い人や、そもそも遠隔地へ移住したいという人の参考になればうれしいです!

Advertisements

ビデオ面接のメリット

遠くにいても受けられる

距離の問題を解決してくれるのが本当にありがたいです。

平日だと、仕事終わりに面接先まで行けないですからね。
面接のたびに有給取得するわけにもいかないし。

時間の調整がしやすい

自宅で面接を受けられるので、時間の制約が少ないです。

金銭メリットも

僕が利用したツールは、無料で使えました。

交通費がかからないので、それもありがたかったです。

何社か東京まで受けに行きましたが、その度新幹線で往復2万円かかりました。結構負担デカいです。

服に気を使わない

首から上しか映らないので、Tシャツでも着ておけばOKです。
下半身はすっぽんぽんでも問題ないです(誤って映らないように)。

面接だとスーツ着なきゃいけないケースもあるのですが、ビデオ通話だと部屋着でOK!
業種によってはスーツいらないケースも多いですけどね!

ビデオ面接のデメリット

コミュニケーションがとりづらい

直接話す場合に比べるとコミュニケーションがとりづらいです。

理由としては、まず通信の品質によっては声が途切れたり映像が止まったりすることです。

自分の声も途切れず届いてるかわからないのが不安です。

また、あらかじめ用意してた話(志望理由とか転職動機とか)は話せるのですが、そうでない場合はイマイチ話が盛り上がらないような印象でした。

設備が必要

PCであれば、カメラとマイクが必要です。
あるいはタブレットがあれば付属品は無くても大丈夫ですね。
スマホでも大丈夫ですが、画面が小さいのでちょっとしんどいかもしれません。

ある程度のITリテラシーが必要

相手の企業は、細かく使い方を教えてくれたりしません。
レベルは高くないですが、自力で接続できる程度のITリテラシーが必要です。

子どもが起きる

小さいお子さんがいるご家庭の場合は、面接の声で子どもが起きてしまう懸念があります。

というか、僕がそうでした。妻はキレます。
迷惑にならないように、扉を閉めて面接を受けましたが、その部屋にエアコンがなかったので暑くてぼーっとしてしまったこともあります(当然落ちました)。

ビデオ面談のツール

何社か受けましたが、スカイプ含め3つのツールを使いました。

Skype

言わずもがなですね。
ビデオ面談の老舗サービスです。
アプリをダウンロードすれば、タブレットやスマートフォンでも使用できます。

Skype

appear.in

Skypeより安定高品質に接続可能(と先方が言っていた)。
送られてくるURLをクリックすれば接続できるので簡単です。

こちらもアプリがあるので、ダウンロードすればスマホやタブレットで簡単に使用できます。
ブラウザでもカンタンに接続できるので、アプリのダウンロードはしなくても大丈夫です。

appear.in

Zoom

企業向けのビデオ会議システムです。
こちらもアプリがありますので、ダウンロードすれば使いやすいかと。

Zoom

遠隔地への転職ではビデオ面談が大活躍!

とはいえ、物理的、時間的問題を解決してくれるこれらのツールは強い味方です。

IT系の職種であれば、ビデオ面談は了承してもらえるケースが多いと思います。
ビデオ面談可能かわからなければ聞いてみましょう!

では!

おススメ転職サービス

IT、WEB業界に強いSWITCH!ビデオ面談はOKな会社が多いはず。

業界2位の大手!登録して損はなし!DODA!

自分の市場価値がわかるMIIDAS!とりあえず測定してみては?


コメント