従業員の事情を無視する会社は辞めてしまえ。金の稼ぎ方なんていくらでもある。

私はメガバンクで6年間働きました。

退職のきっかけは、妻の妊娠中に下された地方転勤

この記事では、日本の大企業であれば避けることが難しい、「全国転勤」「配置替え」について意見を述べます。

結論としては、

わたパパ
わたパパ

転勤強制はおかしい。望まぬ辞令が出たら拒否しましょう。無理なら辞めちゃえ。

と思っています。

全国規模の会社であれば、転勤はつきもの。
実質、拒否権なんてありません。

しかし、そんな制度おかしくないでしょうか!?

会社の都合で、いつ・どこで・誰と・どんな仕事をするかを決まられて、そこに自分の意志は反映されません。

また、後悔もあります。
それは、

望まぬ地方転勤の辞令が出たときに、退職すればよかった

ということです。

辞令が出たときは、会社から給料をもらう以外にお金を稼ぐ方法を知りませんでした。
子どもがこれから生まれるのに、大企業を退職するなんて、考えもしませんでした。

しかし、結局異動から1年半。僕は転職し親元が近い東京へ帰ってきました。

退職というカードを持つことは、個人の立場を強くします。

Advertisements

自分語り~最悪のタイミングで地方転勤~

私は会社の辞令を受けて新潟に赴任しました。

当然(?)希望でもなんでもないです。

全国転勤は覚悟のうえで就職してますし、それ事体に文句はありません。
ただ、タイミングってものがあるでしょーよ。

当時の私は、わたを引き取るべく犬を飼うことができる物件に引っ越して1か月程度でした。
そして、わたを引き取って2週間くらい。

なにより、妻が第一子を妊娠中。

発令の1週間前に上司との面談があり、その際にそれらのことはすべて伝えました。

そのうえで、親のサポートも受けることができない、友人もいない縁もゆかりもない土地に異動の発令を下されました。

1週間前の時点で既に人事は決定しており、覆すことができないものだったのかもしれません。

しかし、社員の個人的事情をまるで無視した、会社都合の人事に、自分は駒にすぎないと強く感じました。

そうなると、会社の先輩や上司が、会社都合最優先で生きている姿が目に付くようになります。
やがて、「この会社にいたくない」と考えるようになりました。

会社都合の人事異動は時代遅れ

社内には、家を建てたばかりで地方転勤になり、建てたばかりのマイホームをいきなり他人に貸さざるを得ない人もいました。

昔であれば、「終身雇用」「高賃金」の代償として、社員を会社都合で振り回しても受け入れる人は多かったのかもしれません。

というか、学生の時は私もそう考えていました。
むしろ、色々なところに住めて、いろいろな仕事を出来るほうが楽しそうだ、と思っていました。

わた
わた

あまーーーーい!

しかし、東芝やSHARPのように、大企業でもいつ業績が悪化するかわかったもんじゃありません。
まして、銀行なんて「IT社会で消える職種」の筆頭です。

そこまで自分の人生をささげたところで、その見返りがある保証は全くないのです。

望まないタイミングの地方転勤のせいで、プライベートは崩壊寸前、仕事も今までと勝手が違い半人前扱い。精神的にも参ってしまいます。

地方転勤したからと給料が上がるわけでもありません。

銀行で身についた知識は汎用性が低く、自分の市場価値は上がらないということも銀子を去ろうと思った理由の一つです。
6年もいれば、最低限の社会人としての常識、ファイナンス・財務会計税務の感覚くらいは見についていますので、「もういいかな」と思いました。

転勤強制の会社は淘汰されると思う

今の世の中を見ると、自分の人生を振り回されてまで一つの会社に固執する価値はないと考えます。

その会社にいるしかできない、しがみつくことしか考えてないような、スキルやチャレンジ精神がない人は甘んじて転勤を受け入れるでしょうけど。

そんな従業員ばかりの会社はやがて経営が傾いていくでしょう。

つまり
転勤を強制する会社には優秀な人材は根付かない
と思います。

これからの働き方

昨今のテクノロジーの進化スピードが速く10年後の未来が想像もつきません。
有名な日本の大企業の不祥事や人員削減のニュースが飛び交っています。

そんな今の日本では一つの会社にしがみつくのではなく、より多様な経験をして自分の価値を高めること、一つの会社に依存せずとも稼ぐことができる能力を身に着けることが大事だと思います。

人の価値って掛け算なんですね。
一つの会社にずーっといたら足し算しかできません。

例えば、金融×コンサルティングとか。農業×ITとか。
複数の分野を経験することで、希少価値のある人間になります。

幸いにして、世の中は柔軟な働き方を認めようという方向です。
ただし、大きな企業であるほどそういったものへの対応は遅くなります。

私はうだうだ言っているだけで、まだ大した行動はできていません。
妻は専業主婦、子供も生まれたばかりで地方在住のため身動きが取りづらい状況です。

しかし、そう遠くない将来に自分と家族が幸せになれるような働き方、生き方を目指して一歩を踏み出そうと思います。

以上、マジトーンでお送りしました!ではまた!

後日談:転職したけどリストラされた

転職決めました!

IT系ベンチャーで働きます。

今度は、会社に勤めながら、個人としてもお金を稼げるようになることが目標です!

とか言っていたら、入社半年で業績悪化、リストラに合い職を失うことに。どひー。

では。

コメント