このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む「転職の思考法」

転職

最近話題のベストセラー「転職の思考法」を読みました。
久しぶりに、夢中になって一気読みしてしまう本に巡り合いました。

転職に悩む人はもちろん、まだ社会に出ていない学生さん、転職を考えたことがないビジネスパーソンにも読んでほしい名著です。
むしろ、自分のキャリアについて深く考えていない人こそ、この本を読むことで考えが変わるのではないかと思います。

要するに大学生以上の人は読むべし!いや、高校生も!

僕は、たぶん日本人なら大体の人が知っている大手企業に属しています。
大企業で働いていて得られるものは、社内限定スキルや社内人脈ばかりです。

今の会社に居続けると、転職したくてもできなくなってしまう。
そしたら一生会社のいいなりで生きていかなければならないのでは、と悩んでいます。

大企業で働く人の中には同じ悩みを持っている人がいるかもしれませんね。

もし共感してもらえたら、ぜひこの本を手に取って頂きたい。

広告

作者について

インターネット上には、どういう人かあまり情報がありません
僕は本著で初めて知りました。

著者自身、大企業→外資系→ベンチャーと転職を経験したビジネスパーソンのようです。
ボストン・コンサルテイング・グループにいたという説も。
今は、ワンキャリアという就活サービスを提供している会社の執行役員を務めていらっしゃいます。
twitter

あとは、僕が愛用しているアプリVoicyで配信しているので是非聞いてみてください。
Voicyおすすめパーソナリティ

内容・感想

一般的なビジネス啓発的な本とは違い、物語形式で進むのがこの本の特徴です。
主人公の青野は、新卒で入社した会社で営業として働く30歳のサラリーマン。
彼が、キャリアコンサルタントの黒岩と出会い、転職を成功させるまでを描いたストーリーです。

僕が気に入ったフレーズを紹介します。

人は意思決定しないで生きている

いい大学に入って、就活をして、安定した大手企業に入って・・・。
僕もそんなキャリアを歩んでいます。
自分なりに、選択をして生きてきたつもりですが、それはレールの上を歩いてきたにすぎないのです。
せいぜい、右に行くか左に行くか程度の選択しかしてないですね。

意味のある選択は、何かを捨てることを伴います。
僕の場合は、安定した給料だったり、暴力的なまでに充実した福利厚生だったりするのでしょう。

上司を見て働くか、市場を見て働くか

市場価値を高めるための働き方です。

僕の周りを見ると、同僚は課長のことを気にしている。課長は部長のことを気にしている。部長は役員のことを気にしている。
いかに上司に怒られないか、上司に評価されるかを気にしている人がとても多いです。

この文章を見て、僕が抱いていた違和感は間違っていないと思うことができました。
同時に、今の環境に身を置くことに対して危機感を覚えました。

上司をみて働くか、マーケットを見て働くかでその人の市場価値は大きく変わる。
上司を見ていた人間は自由に働く権利を持つことができません。

20代で専門性を磨き、30代で経験を積み、40台で人脈を築く

20代の間は給料や福利厚生より専門性を磨くことが出来る仕事を選んだ方が豊かな人生になります
また、日本では女性の場合、出産前にいかに専門性を磨くかがその後のキャリアに大きく影響します。

そして40代は人脈が重要になります。

なお、変化の激しい現代においては10年刻みのプランは遅すぎるとvoicyで発言されています。

「そもそも、君が転職する目的はなんだったんだ?」 「それは自分で生きていく力を手にすることです。組織に頼らずに食べていけるように」

転職活動の終盤、現職に残ろうか迷う青野と黒岩の会話です。
僕が転職活動をしている理由と重なりました。

フリーランスで働く、企業に属して働く、起業する、どの選択をするかは人それぞれだと思います。
しかし、「特定の企業でしか働けない」という市場価値の低い人間はハッキリ言って負け組です。
そして、僕は今のままぼんやり生きているとその負け組になるでしょう。

うまくいっていない会社ほど、視線が社内に向き、根拠のない噂や社内政治、同調圧力など人間の精神を殺す方向に向かう。

飲み会の話題は人の噂話や陰口ばかり。
ちょっと人と違うことをすればたたかれる。

そんな環境でのびのび仕事を出来るとは思えません。

ていうか、そんな非生産的な方向にエネルギー使ってどーすんのって感じですね。
僕は意識的に、自分は自分、他人は他人であるということを念頭に、「~すべき」とか「普通は~だ」とか考えないようにしています。

緊張が社内からもたらされたものか、社外からもたらされたものか

働く環境がいい環境か、悪い環境かの指標になる考え方です。

取引先へのプレゼンで緊張し、無事終わり解放される。
それはいい緊張です。

上司が怖くてびくびくしている。
当然、悪い緊張です。

あなたが働いているのはどんな環境でしょうか。

『100%失敗を招く、唯一の条件』は 腹を括るべきタイミングで、 覚悟を決めきれなかったとき

例えどんなに失敗しても、最後まであきらめず成功を勝ち取れば、その失敗は成功の一部になります。
しかし、「今しかない!」というタイミングでチャレンジできなかった人は、一生うだつの上がらない人生を歩むことになるでしょう。

あの時、挑戦していれば・・・。なんて後悔、一生背負って生きたくないですね。

いつでも転職できるような人間が、 それでも転職しない会社が最強

高給、福利厚生、転勤による負担増により転職しづらいようにする会社はいい会社とは言えません。
いつでも転職できる市場価値の高い人間から選ばれる会社がいい会社です。

特に、有無を言わせない転勤なんて参勤交代みたいなもんで、会社に逆らえなくする手段ですよ。本当に時代遅れのクソ制度だと思います。

給料が高いという点も、実は罠です。
市場価値がより高い給料をもらっていると、転職しづらくなります。
そして、おっさんになって転職しづらくなったころに、給料が下がったり、望まない仕事を命じられたりするんです。

たとえ一時的に給料が下がっても、業界と自分が成長できる環境に身を置いた方がよいのではないでしょうか。

パートナーへの相談は共感が命

青野が彼女に転職を反対されるシーンがあります。
パートナーに転職を相談するときは、3つ必要なことがあります。

1.ロジック

何故転職すべきかを論理的に説明すること。

2.共感

なぜ、今の仕事ではだめなのか。
それを知っているのは仕事をしているあなたです。
あなたの人生に一番不安を抱いているのもあなたです。
なるべく、相手に伝わりやすい言葉や比喩を使って伝えましょう。

3.信頼

最後は、信じてもらうしかありません。
もし、信じてもらえないならば、そのパートナーシップは望ましいものではないのかもしれません。

総評

冒頭でも言いましたが、全ての学生&社会人にとって読む価値のある本だと思います。

物語になっていて読みやすいので、普段あまり本を読まない人も抵抗は感じないと思います。

中身スカスカの有料noteが3,000円とかする一方、こんな良書が1500円程度で読めるのですから、本ってコスパいいですよねぇ。

久しぶりに夢中になって一気見してしまいました。本当におすすめです。
では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました