2019年大流行の手足口病に子どもが罹患したけど軽症で済みました

出産・子育て

2019年7月、「手足口病」という病気が日本のキッズに大流行しました。

こんにちは、1歳児の父わたぱぱです。

我が子が手足口病に罹患しました。幸い重症化はしませんでした。

私自身、心配で他の方のブログなどで調べたので、今度は情報を提供する側になろうかと思います。

広告

手足口病とは?

手足口病は、の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。 子どもを中心に、主に夏に流行します。

熱が出る子もいるそうですが、うちの子は熱は出ませんでした。熱が出ない場合は、保育園など外出しても問題ないそうです(保育園ごとの取り決めによる)。

治療方法は特になく、放っておけば1~2週間程度で治るそうです。

手足口病は大人にも感染し、その場合は重症化するケースもあるそうなので、手洗いうがいや免疫力を高めるように気を付けましょう。

症状の経過

実際の症状を写真付きで説明します。

足にたくさんの発疹が出来ましたが、手と口はあまり出ませんでした。

1日目

なんか足にポツポツが!

「これは手足口病では?」と妻と話し、病院へ行くことに。見事手足口病の診断を頂きました。

画像は夕方に撮ったものですが、朝の時点では症状はまだ軽かったです。

2日目

赤みが増してきた感じです。

本人は気にしていませんでした。

3日目

発疹が激しくなってきました。このあたりがピークでしたね。

4日目

段々と発疹が落ち着いてきました。

5日目

発疹はほぼ消え、かさぶたになりました。

おそらく間もなく完治し、もとのすべすべぷにぷにのあんよが返ってくるはずです。

まとめ

手足口病は、子どもがかかりやすい病気です。

症状が軽ければ外出もOKで、我が家は旅行の予定があったので、予定通り1泊2日の旅行に行きました。そのへんは親御さんの判断で。

保険証とかはお忘れなきよう。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました