スイマーバが便利!お風呂でプールで大活躍!【swimava】

出産・子育て

スイマーバという赤ちゃん用の浮き輪があります。
胴体に装着するものと、首に付けるものがあり、今回ご紹介するのは首に付けるタイプです。

イギリスで発売された赤ちゃんグッズで、首だけ浮き輪に乗っけてプカプカ浮いてる姿はとってもカワイイです!

広告

スイマーバの効果は?

首が据わっていなくても、手足を動かして運動できるので赤ちゃんの発達を促します。

また、早い時期に水(お湯)に慣れることで抵抗感を無くしてくれます。

スイマーバの使用期間は?

期間は生後1か月から18か月まで。

体重11kgまでの赤ちゃんが使用可能です。

お風呂でスイマーバ

入浴時に使えます!
その姿がカワイイと評判で、自慢のわが子の写真をSNSに投稿する人が増えているようです。

使用時の注意

人気の一方、赤ちゃんがお風呂で溺れたとの事故が多発しています。
消費者庁から注意喚起の通達が出ています。
正確な使い方をしましょう。

目を離さない

使用時は目を離さないようにしましょう。
首がすっぽ抜けてしまう危険があります。

すっぽ抜け以外にも、穴が開いていて沈没したり、ベルトがちゃんと止まっていなかったりという原因による事故もありました。

ベルトは二か所止める

ベルトの留め具が、上下2か所ついています。
片方しか止めなかったがために事故につながった事例があります。
ちゃんと2か所止めましょう。

適切な空気量を入れ、漏れがないか確認

あまりパンパンに空気を入れると上手に付けることが難しいです。
一方、空気が抜けていると沈んじゃいます。

定期的に空気量をチェックしましょう。
穴が開いていないかも確認!

スイマーバには顎を乗せる

うちの子がそうなのですが、スイマーバの内側を口に入れたがります。

顎ではなく、上あごだけで乗っている感じになってしまいます。
そうなると、すっぽ抜けの危険が高まりますのでちゃんと顎を乗っけましょう。

どうしても口に入れたがる時は、親御さんの手やガーゼで顎が滑らないようガードしちゃいましょう。

プールでスイマーバ

スイマーバは、もともとプールで使うために開発されました。
海外ではベビースイミングは日本よりも一般的です。

生後8か月のわが子と姪っ子を連れてプールに行ってきました!

まずは浅い子どもプールで慣れさせた後に、深いプールで使用。

ゆっくり、ちょっとずつ入れてあげました。

醍醐味は流れるプール!!

始めは泣いていましたが、
足を持ってあげたり、脇を支えてあげたりしながら泳いでいるうちに慣れてくれた様子。

最後は一人でもプカプカ流れていました。
当然大人がそばについてますよ。

かなり疲れたようで、休憩中に電池切れになってしまいました。
その日の夜は夜泣きも少なめでした。

おススメグッズです!

子どもが生まれたご家庭はもちろん、出産祝いとしてもいいと思います!

3,000円くらいですが、かなりいい代物なので費用対効果は抜群です!

sns

コメント

タイトルとURLをコピーしました