村上世彰さんの「生涯投資家」は投資家必読!【書評】

audibleで、こちらの本を聴きました。

村上さん流の投資家としての心構えが凝縮された一冊です。

僕は以前金融機関に勤めており、今は株式投資を始めようとしています。
その両方の立場から、非常に参考になる1冊でした。

【合わせて読んで欲しい】
audibleについて解説・感想

 

Advertisements

こんな人に読んで欲しい

  • 株式投資家
  • ライブドア事件のことを知りたい人
  • 上場企業が顧客になっているコンサルティングファーム、金融機関に勤めている人

著者について

著者は「村上ファンド」(本当の名前はM&Aコンサルティング)と呼ばれていた投資企業を率いていた村上氏です。

ライブドア事件でその名前を知った人も多いのでは。
当時、僕はまだ幼かったので、「なんかしでかして逮捕された人」くらいにしか認識していませんでした。

しかし、最近堀江さんの著書を読んだりするうちに「あの事件は公正な判断基づくものではなかったのではないか」と思うようになり、ライブドア事件に関心を持っていました。

そんな中本書を読み、僕が抱いた村上さんへの感想は、
「正義感が強く、理想を追求する人。そのために過去の慣例などをぶち壊すことに躊躇わない人」
です。

要するに、「良い人」なんですね。
日本の株式市場に突然現れた正義のヒーローと言っても差し支えないのではないでしょうか。

概要

「お金儲けは悪いことですか?」

2006年6月、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、のちに執行猶予つき有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。逮捕間際に言ったその言葉が注目された。以後、表舞台から姿を消したが近年株式取引の世界に復帰。その動向が注目されている。

本書は、その村上氏の最初にして最後の著書であり、半生記であり、投資理念の解説書でもある。灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何を試みたのか。ニッポン放送、阪神鉄道、東京スタイルなどへの投資において、いったい何があったのか。その投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方はどうなのか。そして今後何をしようとしているのか。

村上ファンドを率いて日本に旋風を巻き起こした著者が、その実像と思いを自ら書き上げた話題作。

(amazon内容紹介より)

感想

本書は、村上さんの哲学と、それに基づいた具体的なストーリーで構成されています。

具体的なストーリーはぜひ本書を手に取っていただきたいと思うのですが、僕が感銘を受けた哲学についてまとめます。

上場企業に対して、コーポレートガバナンスをしっかり確立した経営をせよ、というのが村上さんのメッセージです。

事実、ガバナンスが効いていないことが発覚し、世間を騒がせている大企業が続々出てきています。

村上さんは先見性がありすぎて、世の中から反感を買ってしまったのかな。

上場することの意義

そもそも、上場は何のためにするのか。

それは資金調達です。

なので、大量の現預金を保有している企業や、銀行借り入れ余力がある企業が上場を維持することは不自然なことなのです。

しかし、イメージダウンを恐れ、日本の上場企業の多くは上場廃止をまともに検討することすらありません。

そのくせ、株主提案に対して真摯に向き合わない。株主価値の最大化を意識していない企業が多いです。

上場企業であることのステータスがなくなることを恐れている、もしくは単純に現状を変えることを恐れている経営者が多いのかな。
たぶん、「上場廃止させた経営者」と世間から呼ばれるのが嫌なんでしょう。

実際、上場企業か非上場企業かで、取引先からの信用や採用のしやすさが変わってくるという事実はあります。

しかし、上場するということは、会社の所有権が株主に移る、好きな経営が出来なくなることを意味します。

上場と言ってもいいことばかりではないのです。
また、サントリーやリクルートは最近まで非上場企業でした。

アメリカのテスラCEOイーロン・マスク氏が短期目線の株式市場に見切りをつけ、非上場化する内容をツイートし話題になりました(市場操作として罰金くらったようですが)。

日本株だと、メルカリが上場後も赤字決算が継続し株価は下がり続けています。
個人的には、赤字上等でガンガン投資している姿は好感を持ちますが、そう考えない投資家が多いんですね。

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスとは、直訳すると「企業統治」です。

2015年に金融庁と東京証券取引所が制定し、2018年6月に改訂されました。

僕自身、金融機関の営業として上場企業の経営者層と仕事をすることもあったのですが、コーポレートガバナンスコードに対して、
「めんどくさいもんが制定されたなぁ。とりあえずなんか制定しておかないと」
くらいの認識の経営陣も珍しくはありませんでした。

村上さんは、コーポレートガバナンスコードが制定されるはるか前から、コーポレートガバナンスの重要性に着目し、それを遵守させようと、株主の立場から会社へ提案をしていました。

当時の日本はコーポレートガバナンス?何それ美味しいの?状態の会社が殆ど。
経営者に理解されなかっただろうことは想像に難くありません。

実際、かなりハードな思いをしたことも多かったようです。
具体的なストーリーは本書で紹介されています。

まとめ

村上さんは、世の中では批判的な意見が多いかもしれません。
本人も気にしている様子でした。

言っていることはまともです。
ちょっと言い方が強かったり、株主の権利を主張して経営者からやっかまれたりしてしまっただけです。(村上さんが正しいことは歴史が証明しています)

タイトルの「生涯投資家」の通り、村上さんは半ば引退した状態で個人として投資を続けていらっしゃるそうです。

では!

コメント