リストラされたらやるべき事務手続まとめ【雇用保険、年金、健康保険】

働くこと

こんにちは、銀行を辞めてスタートアップに飛び込んだら半年で業績悪化しリストラされたわたぱぱです。

この記事では、退職したらしなければならない手続きについて、実体験に即してまとめています。

ずばり、雇用保険(失業保険)・健康保険・年金です!

リストラされた方も、自分から退職した方も、ご参考にしていただけると幸いです!

Advertisements

雇用保険受給申請

まずは、雇用保険の申請をしなければなりません!

雇用保険は、職を失った時の生活を支えてくれるセーフティーネットです。

会社都合だと7日間の待機期間が経過してからの受給になります。(自己都合だとプラス3か月)

ちなみに、ハラスメントなどの理由で退職した場合、ハローワークに相談すると会社都合扱いにしてくれることもあるらしいです。

これをしておかないと、離職中の資金供給が断たれてしまいます!

なお、申請後に再就職した場合一時金がもらえますので、再就職先が決まっていても申請することをおススメします!

どこへ申請すればいいの?

管轄のハローワークで申請します。

お住いの市区町村+ハローワーク+管轄で調べれば出ると思います。

東京は以下のWEBページに一覧がございます。参考まで!

ハローワーク一覧 | 東京ハローワーク

どうやって申請すればいいの?

ハローワークの窓口に必要書類を持参して申請すればOKです。

必要書類

  1. 離職票ー1
  2. 離職票ー2
  3. マイナンバーカード(もしくは通知カード)
  4. 顔写真(3cm/2.5cm)2枚
  5. 入金先の口座番号がわかるもの(通帳やキャッシュカード)

複数の会社における加入期間は合算できます。そのほうが、受給額も大きくなるので、退職するときは、離職票をしっかり保存しておくことをおススメします

【離職票が手元にない場合】

雇用保険を受給するには、最低でも自己都合の場合は1年、会社都合でも6ヶ月の雇用保険加入期間が必要です。

私の場合は、直近の在籍が6か月以内でしたので、前々職(新卒で入った銀行)を離職した時の離職票も必要でした。

  • 離職票を紛失している場合

勤めていた会社の管轄のハローワークで再発行の手続きをする必要があります。

  • 離職票を発行していない場合

私は、前々職退職時には転職先が決まっていたので、離職票を発行しておりませんでした。

そういった場合ですと、原則以前勤めていた会社に発行するよう依頼する必要があります。

例外として、会社が離職票の発行を拒否しているケースなどの場合は、ハローワーク経由で発行の請求が可能ですので、相談してみましょう。

健康保険継続申請

サラリーマンは、会社が加入している健康保険にお世話になっております。大手の場合は、独自で健康保険組合を持っている場合もありますね。

退職したら、その健康保険からは脱退することになります。

健康保険がないと、お医者さんに行った時に全額自己負担になってしまいます。そもそも日本は国民みんなが健康保険に加入する仕組みになっております。

  1. 任意継続健康保険
    加入していた健康保険の保険者
    (協会けんぽに加入されていた場合は、お住まいの協会けんぽ支部にお手続きください。)
  2. 国民健康保険
    お住まいの市区町村の国民健康保険担当窓口へお尋ねください。
    ※国民健康保険に加入する際、協会けんぽの資格喪失証明等が必要な場合は、日本年金機構にて証明を発行していますので、お近くの年金事務所へお訪ねください。
  3. ご家族の健康保険(被扶養者)
    ご家族が加入する健康保険組合にお尋ねください

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3070/r147(引用元)

私は、任意継続健康保険を選択しました。

パートナーが正社員で働いている場合は、そちらの健康保険に加入したほうがいいでしょうね。あなたが扶養になる、ということです。

任意継続被保険者になるには、健康保険組合へ申し出ます。

全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入していた場合は、申請書はこちら。

任意継続被保険者資格取得申出書 | 申請書のご案内 | 全国健康保険協会

各業界団体や会社により運営されている健康保険組合の場合は、そちらへ申請してください。

申請書に、被扶養者の所得証明や続柄証明(住民票)を添付する必要があるそうです。

16歳以下の被扶養者(要するに子ども)は所得証明は不要。私は妻の非課税証明を取得する必要がありました。

非課税証明書は窓口、郵送、郵便局、コンビニ(マイナンバーカード必須)で発行可能です。

書類の提出先はこちらで確認できます。

都道府県支部 | 協会けんぽについて | 全国健康保険協会

健康保険料は、月々約3万円でした!!なかなかしますねぇ。

国民年金免除申請

離職すると、厚生年金からは脱退することになるので、国民年金への切り替えが必要です。

そのうえで、免除の手続きをすることになりますが、マストではありません。将来もらえる国民年金の受給額を減らしたくない人は切り替えのみでOKでしょう。

我が家の場合は、まず
私が2号被保険者(サラリーマン)→1号被保険者(自営業・無職)
妻は3号被保険者(サラリーマンの被扶養)→1号被保険者

の切り替え手続きをしなければなりませんでした。

必要な書類を印刷するか、市区役所でもらって記入しましょう。

同時に、免除の申請も行いました。本人以外が申請するときは委任状が必要です。

どれくらい免除されるのか(1/4~全額まであります)は審査結果を待つことになります。

審査は2か月くらいかかるらしいです。

日本年金機構ホームページに詳細が載っているので、ご参考ください。

一部抜粋して記載します。内容は2019年6月時点のものです。

窓口で特別区民税・都民税(住民税)証明書の交付を申請する:練馬区公式ホームページ

失業等による特例免除

失業した場合も申請することにより、保険料の納付が免除となったり、保険料の納付が猶予となる場合があります。免除・納付猶予申請書をを提出される際は、次の書類が必要となります。

(1)雇用保険の被保険者であった方

雇用保険受給資格者証の写しまたは雇用保険被保険者離職票等の写し

申請方法

申請先

住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口へ申請書を提出してください。
なお、申請書は郵送にて提出していただくことも可能です。必要な添付書類とともに、住民登録をしている市(区)役所・町村役場へ郵送してください。

申請書類

申請用紙(A4版)は、国民年金保険料に関する手続きからダウンロードできます。([提出用]のみご提出ください。)

まとめ

リストラされたらやる事務手続きは3つ!

  • 雇用保険の申請→住居管轄のハローワーク
  • 健康保険の切り替え(または継続)→健康保険組合など
  • 年金の切り替え(および免除申請)→市区役所

みなさんはリストラされませんように!では!

コメント