【格安スマホ】楽天モバイルを実際に利用した感想【口コミ】

楽天モバイルを実際に利用した感想を記事にします!

私は、以前はSoftbankのiPhoneを使っていました。

それを、楽天モバイルに変えたところ月額が

約1万円 → 1,000円になりました。

料金が高いと嘆きながらドコモ、au、ソフトバンクなどの3大キャリアを利用しているあなた!

乗り換えを考えてみてはいかがでしょう?

広告

楽天モバイルのメリット、おすすめポイント

利用料金が安い

楽天モバイルの料金プランは大きく2つです。

  • スーパーホーダイ
  • 組み合わせプラン

スーパーホーダイは2GBから24GBの通信量から選択できます。6GBのMプランで2,480円です。

規定の通信量を使い切っても、最大1Mbpで継続して利用できるそうです。

私が楽天モバイルを利用していた時はこのプランはありませんでした。

実店舗がある

これが楽天モバイルの特徴です。

店舗を持たないMVNO業者では珍しく、店舗を構えています。

あとはYモバイル、UQモバイルとかが店舗展開していますね。

ネットで契約してSIM取り寄せて、という手順が心配な方はいいかも。

セールで端末の割引がある

端末とSIMカードをセットで購入することで端末を割引してくれます。

店舗限定で割引きを行う場合と、ネット申し込み限定の場合があります。

ちなみに、私が当時使っていたASUSのzenfone3MAXは、定価3万円が1万円になりました。

Docomoスマホならそのまま使える

楽天モバイル はドコモ回線を借りています。

そのため、ドコモのスマートフォンであればそのまま使用できます。
なくても、中古でドコモのスマホを購入すればハイエンド端末を安く使用することもできますね。

2019年にSIMロック解除がやりやすくなりましたが、ドコモ端末であればそれすら不要です。

楽天ポイントの付与率が上がる

楽天モバイル の通話有のプランを契約すると楽天ポイントの付与率が上がります!(データ専用SIMは除く)

セールの時とかに、ポイント10倍!とかなるやつです。

楽天経済圏と言われますが、ポイント付与率がアップしたり、ためたポイントを好きなサービスで使えたり。

個人的には楽天証券で投信とか購入するのがおすすめ。

楽天モバイルのデメリット

メリットは料金の安さが大きいと思いますが、デメリットは通信品質の悪さです。

これは楽天に限らず、MVNO回線はどこも同じようなものかと。

通信が安定しない

東京では朝の通勤時間帯、昼休みの時間帯は繋がりにくいことがありました。

個人的には、料金が10倍違うので許容範囲です。

むしろ、私はスマホ中毒なので使えない時間があるくらいでちょうどいいかも。

ちなみに、地方にいた時期は快適につながりました

都心だと利用者が多い分、通信が集中してしまうのでしょうね。

その後、LINEモバイルとU-mobileを試しましたが、個人的には楽天モバイルのほうがよかったです。時期的な違いかもしれませんけれど。

キャリアメールが使えない

メールアドレスの末尾がsoftbankとかdocomoになっているメールアドレスは使えません。

まぁ、あまり困らないですけどね。

Gメール、Yahoo!メールなどのフリーアドレスを利用している人は多いです。

一番利用する連絡手段はLINEだよ!という人には関係ないですね。

楽天モバイルまとめ

  • 料金は安い
  • 通信品質はあまり期待できない(MVNOはほぼそんな感じ)
  • 実店舗があるのが強み
  • 楽天経済圏で生きている人は特におすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました