【格安スマホ】楽天モバイルを実際に利用した感想【口コミ】

私は、数年前までSoftbankのiphoneを使っていました。

それを、楽天モバイルに変えたところ月額が

約1万円 → 1,000円になりました。

料金が高いと嘆きながらドコモ、au、ソフトバンクらキャリアを利用しているあなた!

乗り換えましょう!

Advertisements

楽天モバイル(MVNO)のデメリット

キャリアメールが使えない

メールアドレスの末尾がsoftbankとかdocomoになっているメールアドレスは使えません。

しかし、私はメールはGメールとかYAHOOメールで十分でした。

個人的な考えですが、LINEが普及してる今は電話はそれほど使う場面は多くないです。

電話を使うのは、業者とかお店に連絡するときぐらいですね。

通信が安定しない

東京では朝の通勤時間帯、昼休みの時間帯は繋がりにくいことがありました。

個人的には、料金が10倍違うので許容範囲です。

むしろ、私はスマホ中毒なので使えない時間があるくらいでちょうどいいかも。

ちなみに、地方に転勤してからは快適につながります。

そもそも、格安スマホ/MVNOってなに?

格安スマホの定義はよくわかりませんが、わたパパはMVNO業者等が提供しているサービスを利用した「格安で利用できるスマホ」のことだと理解しています。

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」のことで、3大キャリアから回線を借りてユーザーへ提供している業者です。

一見すると、回線を借りていることで料金が高くなりそうなんですが、MVNO業者はと基地局や店舗を持たない、広告費をかけすぎないといった経費削減をすることで低価格でサービスを提供しています。

私は楽天モバイルを利用しています。

おすすめポイントやメリットデメリットをご説明します。

楽天モバイルのメリット、おすすめポイント

料金プランが豊富

使用する通信料、通話有無など、機能を必要最低限にすることで料金を安くすることが可能です。

私はデータ専用SIMにしています。
例えば3GBのプランだと、通話SIMだと1600円、データ専用SIMだと900円です。
データ専用SIMと併用して、ガラケーを安いプランで運用すれば総額はかなり抑えられます。
私のガラケーは2円+実際利用した通話料金です。詳細は末尾リンクの記事をご参照ください!

実店舗がある

これが楽天モバイルの特徴です。

店舗を持たないMVNO業者では珍しく、店舗を構えています。

楽天の財務力を生かした作戦ですね。

各都道府県に一つ以上はありそうです。

都市であれば何店舗かあります。ここ数年で凄いペースで出店してるんですね~。

自分で設定しないとならないというハードルも店舗に行けばクリアできますね!

セールで端末の割引がある

端末とSIMカードをセットで購入することで端末を割引してくれます。

店舗限定の割引と、ネット申し込み限定の割引があります。要チェック!

ちなみに、私が今使っているzenphone3MAXは、3万円が1万円になりました。

Docomoスマホならそのまま使える

楽天モバイルはドコモ回線を借りています。
そのため、ドコモのスマートフォンであればそのまま使用できます。
なくても、中古でドコモのスマホを購入すればハイエンド端末を安く使用することもできますね。

楽天ポイントの付与率が上がる

楽天モバイルの通話有のプランを契約すると楽天ポイントの付与率が上がります!

セールの時とかに、ポイント●倍!ってなってるやつです。

※データ専用SIMは対象外です。

 

 

以上、楽天モバイルなどのMVNOにはメリットたくさん!
特にコストを気にする人は切り替えるべし!!
楽天モバイルのご契約はこちらからどうぞ!



楽天カードを使用するとランクアップできます!
ランクアップすると、ポイント付与率が上がります。
年会費無料で還元率1%と優秀なのでぜひどうぞ。

通話専用ガラケーを使っているのですがまた別の記事にまとめました!
ガラケー2円運用について
ではまた!

コメント