犬のうんちが柔らかい&回数が多い。獣医に相談した結果【子犬】

犬のウンチが柔らかい。下痢をしている。何度もうんちをする。
そんな愛犬の症状にお困りの方に、わたの症例をシェアします!

わたは、子犬の頃うんちの回数がやたら多く、しかもうんちはとても柔らかくて心配しました。

獣医さんからは「成長にしたがって良くなるから心配いらないよ!」という診断を頂きました。

あくまでわたの場合は、という内容ですので愛犬の様子が変だな、と思ったら絶対にまず獣医さんに相談してください。

僕は、心配で毎週動物病院に行って、検便をしたり相談したりしていました。

わたパパ
わたパパ

金がいくらあっても足りない・・・

さて、わたの症状と対策について書きます。

広告

わたの症状

うんちの回数が多い

1日に5回も6回もうんちをしていました。
1度の散歩で2~3回のうんちは普通でした。

獣医さん曰く、歩くとお腹が刺激されて何度かうんちをすることはよくある、とのこと。
今も、1時間くらいの散歩をすると2回うんちをすることはあります。
しかし、1日5~6回のうんちとなるとちょっと多いようです。

うんちが柔らかい

ビニール袋でつかめないくらい柔らかかったです。
うんちの処理に困りましたね。
わたは、施設で保護されていたときに虫下しの処置を受けていたので、寄生虫が体内に残っている可能性も考え検査しました。

やたら水を飲む

月齢を考慮すると1日0.5リットル程度が適正。わたは1リットル以上飲んでいました。
これがうんちが柔らかい原因だったのかもしれません。
しかし、水の量を制限することは本質的な解決ではないうえ、わんこへのストレスも大きいのでやめましょう。
異常に水を飲むということは、体のどこかがおかしいということです。

想定される原因

考えられる原因はいろいろありました。結局、何が原因だったのかは解明できていません。

環境の変化によるストレス

急に環境が変わることはわんこにとってストレスです。慣れるまで、体調を崩してしまうことも。
ましてや、生後3か月で保健所から団体、我が家と環境変わりまくりでさぞ負担をかけたでしょう。

アレルギー

フードに含まれる何かにアレルギー症状を起こしている可能性がありました。
1回アレルギー用のフードにフードに変えて、その後従来のフードに戻し体調の変化をみることで確認できます。その間、そのフード以外は与えないように注意。おやつもフードにしましょう。
血液検査も可能ですが、わんこへの負担も財布へのダメージも大きいです。

3.寄生虫

わんこのお腹に寄生虫がいる場合です。
検査しましたが、発見されず。
わたのような元保護犬や元野犬は、寄生虫が体内にいることがあります。
実際、わたのお腹にも寄生虫がおり、虫下しを処方されていました。

症状への対策

薬を与える

獣医さんで頂いた腸を整える薬をフードと一緒に与えました。

フードを変える

まず、獣医さんでサンプルとして頂いた「ロイヤルカナン アミノペプチド」というフードにしました。

アレルギー用なので、健康な子にはあげてはいけません。
獣医さんに相談してからあげるようにしましょう。

そっとしておく

あまりストレスをかけないよう、そっと見守っていました。
これが結構大事なのかも・・・。

対策をした結果

フードを買えたのがよかったのか、環境に慣れたのかわかりませんが、生後4か月目になるころにはだんだんうんちは正常になっていきました。

もし、新しくわんこを迎え入れたものの、体調悪そう・・・という場合飼い主さんの参考になれば幸いです。

必ず獣医さんに相談のうえ、対策しましょう。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました