新米パパが最低限知っておくべき赤ちゃんの行事2つ

こんにちは、わたパパです。
今日は、父親として知っておくべき2つの行事について解説します!
しっかり勉強して、奥さんに叱られないようにしましょう。

Advertisements

お宮参り

お宮参りとは、こどもが生まれた土地の守り神に、無事に産まれたことを報告する儀式です。
大体生後1か月でやることが一般的です。

うちは、その時期はまだ寒かったので暖かくなってから行うことにしました。
さらに、里帰り出産だったので生まれた土地の神様ですらありません。

通常の参拝同様、お賽銭を入れてお祈りする方法と、事前に予約をして祝詞をあげてもらう方法があります。
祝詞の場合は、5,000円~10,000円程度収める必要があります。

記念撮影や、食事会をすることもあります。
その場合は、それらの予約も事前にしておきましょう。

お食い初め

生後100日を目途に、こどもが食べ物に困らないことを祈る趣旨で、こどもに食べ物を食べさせる真似ごとをさせる儀式です。百日祝いと呼ぶこともあります。

自宅で行うほか、レストランやホテルで行うこともあります。
メニューは一汁三菜、歯固めの石を用意、などお作法があるようなので、レストラン等でお食い初めプランを申し込んだほうが楽ちんかもしれません。

ではまた!

コメント