投資初心者も安心!一般NISAより積立NISAの方がいい理由

2018年1月から、積立NISA制度がスタートしました。
一般人が長期で資産形成するのに向いている制度で、政府の後押しもありますので、投資なんてよくわからない・・・という人も利用しやすい設計になっています。

Advertisements

NISAについて

まず、NISAについておさらいです。
年間120万円まで非課税の投資枠があります。
その枠の中ならば利益に対して課税されない制度です(NISAを利用しない場合は約20%の税金がかかります)。
個別株も買えるので、投資が好きな人にとってはありがたい制度ですね。

積立NISAとは?

積立NISAは、上記のNISAをより長期の資産形成ができるようにした制度です。
具体的には、以下の3点がポイント。

1.対象は投資信託のみ(販売手数料に規制あり)
2.投資可能枠は年間40万円
3.20年間保有可能(一般NISAは5年)

手数料の安い投資信託を、コツコツ積立てる(=高値掴みしづらい)ことで、長期目線で堅実な資産形成ができます!

年間120万円を投資に回す余裕がない人は積立NISAの方がいいと思います。
積立NISAの限度額は年間40万円、月にすると3万円程度です。

それぐらいなら、捻出できる方も多いのではないでしょうか。

積立NISAがおススメなのはこんな人

投資初心者

資産形成に興味を持ち始めたけれど、何に投資したらいいのかわからない・・・。
という人は、積立NISAで投資信託を買ってみましょう。

一般NISAでも投資信託は購入できますが、毎月一定額を購入することで高値掴みを防ぐことが出来ます(次の見出しで触れます)。

ほったらかしにしたい人

ドルコスト平均法、というのと聞いたことがあるでしょうか。

小難しい専門用語ですが、要するに「毎月一定額を購入することで、相場が高い時は少量、安い時は多く購入し、平均取得価格を下げよう」という戦略です。

常に相場を見て、安くなったタイミングで購入したい人は一般NISAでいいでしょうが、それが難しいorめんどくさい!って人は積立NISAでほったらかし運用をしましょう。

原資が少ない人

そもそも、一般NISAの枠は120万円、積立NISAの枠は40万円です(年間)。

120万円の投資資金なんてない人のほうが多いのではないでしょうか。
それなら、積立NISAにしておくのもいいかもしれませんね。

一応補足しておくと、NISAの枠は売買すると消費されます。
なので、120万円を一気に投資に回してもいいですし、
60万円を購入→売却→購入
のように回転売買して使うこともできます。

別に枠いっぱい使わなきゃいけないわけじゃないですけどね。

積立NISAがオススメでない人

反対に、一般NISAのほうがいいのはこんな人です。

・自分のタイミングで売買したい人

・企業の個別株式に投資したい人

・カネが有り余ってる人

では!Let’s 資産形成!

コメント