マウスピース矯正の痛み、費用、効果について【体験談】

2017年4月から2018年6月の1年と少し、マウスピース矯正をしていました。

厳密には、6月に最後のマウスピースを使って後戻り防止装置(リテーナー)で固定して完了ですが、通院は終了したので記事を作成しました。

妻からの紹介で、東京都西東京市の「みずた歯科医院」でやってもらいました。

広告

マウスピース矯正について

マウスピース矯正は、その名の通りマウスピースを着用して行う歯列矯正です。

針金と比較したマウスピース矯正のメリットはこんなところ。

  • 目立たない
  • 食事・歯磨きに支障が出ない
  • 痛みが少ない
  • 費用が安い(場合がある)

具体的な手順は、以下の通り。

  1. 型取り
  2. 歯が動くようにマウスピース作成(同じ型で硬さが異なる3種類)
  3. マウスピース装着(柔らかいものから順番に、それぞれ10日ほど装着)

個人差はあると思いますが、新しいマウスピースにしたときはそれなりに痛みがあります。

特に、はじめの頃は歯を殴られたくらい痛くて参りました。
当然硬いものは食べられませんでした。

段々と慣れてくるのか、感じる痛みは少なくなりました。

マウスピース矯正の費用

総額63万円でした!

申し込み時に初期費用として40万円、以降診察のたびに支払っていました。
最初の説明で70万円前後と説明されていたのですが、その通りでした。

妻は頑張った(とにかく長時間マウスピースを装着していた)のでもっと安かったそうです。

矯正の期間

上記の通り、私の矯正期間は1年ちょっとです。
妻は1年くらいで終わったそうです。

マウスピースは7回作成しました。

頑張って長時間マウスピースを装着することで、期間は短くなり、マウスピース作成回数が減るのでコストも安くなります。

顎関節症対策にも

私は顎関節症です。

強制をして噛み合わせがよくなったことで、顎関節症が良くなった実感があります!

顎関節症の方は、食いしばりの癖がある方が多いと思います。
マウスピース矯正なら、歯の摩耗も防げるので一石二鳥です。

お悩みの方は、一度矯正を検討してはいかがでしょうか。

ではまた!

合わせて読んで欲しい

マウスピース矯正と針金の矯正を比較

歯列矯正をしたら確定申告もしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました