【audible】ホリエモンの著書、君はどこにでも行ける【書評】

audibleでホリエモンの著書、「君はどこにでも行ける」を読み(聞き)ました。

日本の現状、これからの生き方を知ることができる良い本でした。

【合わせて読んで欲しい】
audibleについて解説・感想 

こんな人に読んで欲しい

  • 堀江さんが好きな人
  • 今後、日本が世界でどのようなポジションにつくか心配な人
  • 国という枠組みにに縛られたくない人
  • 海外に行った経験が少ないのに日本こそが世界最高だと思っている人

海外を生活拠点にしたい人、反対に日本から出ていくつもりが毛頭ない人にも読んで欲しいですね。

本書のあらすじ

激変する世界、激安になる日本。
出所から2年半、世界28カ国58都市を訪れて、ホリエモンが考えた仕事論、人生論、国家論。

観光バスで銀座の街に乗り付け、〝爆買い〟する中国人観光客を横目で見た時、僕たちが感じる寂しさの正体は何だろう。アジア諸国の発展の中で、気づけば日本はいつの間にか「安い」国になってしまった。

日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくべきか。刑務所出所後、世界中を巡りながら、改めて考える日本と日本人のこれから。
装画はヤマザキマリ(テルマエ・ロマエの作者)。

目次

はじめに 世界は変わる、日本も変わる、君はどうする
1章 日本はいまどれくらい「安く」なってしまったのか
2章 堀江貴文が気づいた世界地図の変化〈アジア 編〉
3章 堀江貴文が気づいた世界地図の変化〈欧米その他 編〉
4章 それでも東京は世界最高レベルの都市である
5章 国境は君の中にある
特別章 ヤマザキマリ×堀江貴文[対談] 無職でお気楽なイタリア人も、ブラック労働で 辛い日本人も、みんなどこにでも行ける件
おわりに

「はじめに」と「終わりに」は堀江さんご本人による朗読でした。
棒読みでしたが、感動しますね。
おお、ホリエモンだ!って。

感想

アジアにおける日本の地位はトップではない

アジア各国を主に、ホリエモンが見た世界の現状を知ることが出来ます。

日本はすでに先進国としての地位を失っているということが伝わりました。

日本のGDPは中国の半分。
シンガポール、タイと比較しても貧しい暮らしをしている人が多いようです。

確かに、日本で月20万円とかで働いている人は結構多いと思います。20代前半の会社員だとそんなもんじゃないでしょうか。
そうすると、生きるだけで精いっぱいの生活水準ですよね。

日本が没落してしまったのは仕方ない。少子高齢化が進んでいる日本が、若い国と対等に闘えるわけないですから。

大事なのは、これをチャンスととらえ、アジアマネーを積極的に取りに行くことです。

移民を受け入れても、日本は選ばれない

移民や外国労働者の受け入れはよく議論されています。

個人的には移民受け入れには賛成です。

理由は、今の日本で子どもを産み育てることがとても難しいことである、と身に染みているからです。

若い人は、子どもを作ることに消極的になるのは当然です。
世の中や未来が見えているリテラシーの高い人ほどそうでしょう。

乱暴な言い方をすれば、教育水準、知的レベルの低い人は従来同様に子供を作るでしょう。
しかし、経済的な感覚がある人、未来を予測しリスクを排除する動きをする人は、子どもを作ろうとは思わないと思います。

子持ちがアホだとは言いません。僕自身子どもがいます。
しかし、高い教育を子供に受けさせられる親の割合が減り、ドンキでキティちゃんサンダルを履いて闊歩しているような(偏見)親の割合が増えていくんじゃないかな、と危惧しています。

さて、移民についてですが、今の日本は税金・保険料が高いです。
年々高くなっています。

それは、払う人(=若い人)が減り、受け取る人(=老人)が増えたからです。

誰が他国の老人のために、せっせと働こうと思うのでしょうか。

ましてや、外国人労働者に対して低賃金で重労働を課す事業者が後を絶ちません。
僕だったら、絶対こんな国で働こうと思わないでしょう。

満を持して日本が移民を受け入れたところで、移民は日本を選びません

国境が溶ける

インターネットの台頭で、国境が意味をなさなくなってきています。

GAFAを筆頭とするIT企業への課税について、欧州で議論が交わされています。
それも、今のビジネスモデルと「国」という概念がマッチしていないことが理由かな、と思います。

海外に行く日本人は多くありません。最強のパスポートを持っているのに。
それは、経済的事情と言語の問題があるからだと思います。

将来的には、二極化が進むと堀江さんは仰っています。

一部のエリートはガンガン海外へ出ていき、それ以外は日本から出ず引きこもる。

僕もあまり海外に行くことは多くありません。
年に1度あるかないか、です。
行ったとしても旅行です。

日本に引きこもるという選択はしたくない。
海外にも目を向けたいと思いました。

ヤマザキマリさんとの対談

最後に、テルマエ・ロマエの作者であるヤマザキマリさんと堀江さんの対談が収録されています。

audibleだと、いちいち誰のセリフかわかるように発言者の名前を教えてくれました。
冗長になってしまうので、不要だと思いました。
文脈で誰の発言かわかるし、可能ならナレーターを変えて欲しいなぁ。

内容は、日本とイタリアの共通点や相違点についてです。

日本国民は政府を信頼しているが、イタリア人はまるで自国の政府を信頼していない、とか。
国を信頼せず、家族を信頼するところは中国と近いみたいです。

まとめ

日本は、すでに先進国としての地位を失いつつある。
悲観せず、地の利を生かしてアジアマネーを獲得するべき。

国境は段々、意味をなさなくなっている。
君はどこにでも行ける。行きたいところに行くべし。

audibleだと4時間くらいで聞けました!
2,3日あれば聞き終えると思いますよ。

では!

コメント