【銀行を退職】人事との退職面談について

メガバンクを5年で退職し、ベンチャー企業に転職します。

この記事では、人事部との面談について記録を残します。

ざっくり概要を離すと、時間は20分で内容は極めて普通でした。

入社時の面接も普通でしたもんね。
退社時も普通なのかな。

Advertisements

聞かれたこと

改めて、今回のご決断に至った経緯を教えて頂けますか?

わたパパ
わたパパ

やりたいことが他に出来たからです

それは、今の会社では実現できないことですか?

わたパパ
わたパパ

できませんし、出来たとしても
いつ実現するかわからないことを待つのは嫌です

とまぁ、まずは退職の理由、経緯を聞かれました。

言いづらいかもしれませんが、給料は上がるのですか?

わたパパ
わたパパ

さがります!

家族の方はなんと言っていますか?
大丈夫ですか?

わたパパ
わたパパ

ちゃんと話し合って決めてます。

やたら家族の反応を気にしてましたね・・・。

最後に何か言いたいことはありますか?

わたパパ
わたパパ

最後にって・・・笑

 

そうですね、急なうえに拒否権がない転勤はしんどいです。
従業員の事情とか、考えとか、考慮してあげてください。
人生の計画が立てられないのはストレスです。
それを我慢するだけのメリットは今の当行にはないと感じました。

 

おかげさまで、妊娠中だった妻に負担かけましたし、わが子の出産に立ち会うこともできませんでした。

みなさんのご事情は、なるべく所属部店の上席から情報を把握しています。
所属部でのコミュニケーションが足りなかったのかもしれませんね。

発令が急なこと、転勤の拒否権がないことは皆さま覚悟して入行されていますので・・・。中長期的な課題として受け止めます。

 

私も、子どもが2か月の時に転勤になりましてね。
当時の上司に「転勤は困る」と言っていたのですが・・・

わたパパ
わたパパ

全然だめじゃねーか
うちの会社は

この会社は変わらないな、と思った

銀行のみんなー!!

急で拒否権の無い辞令は当面続くぞー!!

マジで、終身雇用崩壊、異業種参入の変化が激しい現代において、古き良き日本の会社にいてもメリットがなさすぎると思います。

やりたいことが出てきたらスパッと辞めましょうね。

そして、人事の人もまた50代くらいのおじさんでした。

会社から辞令が出たら何も言わず従う、
言われたことを全力でやっていれば評価され、人生が好転する

という世代の人です。

上層部がこういう考えでいる限りは、会社は変わらないです。

会社が変わることを期待しても無駄です。

俺が変えてやる!!と意気込むのは良いですが、そのエネルギーがあったら転職なり企業なりした方が建設的です。

人事の人も、HRのプロじゃなくて会社に言われて人事をやってる銀行員ですから。
素人っぽい質問ばっかりでしたね。

では!

 

 

 

 

 

コメント