犬の散歩のタイミングは?食後は胃捻転・腸捻転の原因になるので厳禁

犬の散歩っていつ行くのがいいのだろう・・・。
そんな疑問を持っている方にこの記事を読んで頂きたいです。

先日、胃捻転・腸捻転というこわ~い病気について耳にしました。
調べた内容をまとめます。

散歩のタイミングはいつか?
結論は、朝方と夕方の食事前です!

広告

胃捻転・腸捻転とは

胃又は腸がねじれてしまう症状です。

ねじれてしまうと、胃の内容物が腸へ行くことも食道に戻ることもできません。
やがて発酵してガスを発生します。

また、胃腸と一緒に血管や周囲の臓器もねじれてしまうこともあります。

血流が止まり、胃腸が壊死してしまうと、発症数時間で死に至ります。
致死率の高い恐ろしい症状です。

原因・予防

加齢・遺伝や犬種によってなりやすかったりするようです。
直接的な原因は早食いや食後すぐの運動も原因になるそうです。

食事のあと1時間は運動しない

食事の後に暴れると、胃がねじれてしまう恐れがあります。

散歩は食事前に行く方が望ましいです。散歩の後にご飯にしましょう。

本来犬は、朝方と夕方に縄張りを点検し、その過程で捕まえた獲物をおうちで食べていたそうです。
つまり、散歩のあとに食事をするのが本来のスタイルであるわけです。

一気食いを防止する

早食い防止のお皿や、フードを入れるタイプのおもちゃを使ってみてはいかがでしょうか。

また、食後すぐに大量の水を飲むこともよくないようです。
おそらく、胃にモノがたくさん入っていると重さでねじれてしまうのではないでしょうか(想像)

フードテーブルの活用も予防につながります。

食器を地面に直置きだと前傾姿勢になってしまいます。
そうすると、消化が悪くなり胃捻転を起こしやすくなってしまいます。

専用のものを購入してもいいですし、何か台を用意するだけでも違うと思います。

わたさんは椅子をテーブルにして食べています。

胃捻転の症状

お腹が張って苦しそうな素振りを見せます。
吐きたがるが吐けない、大量のよだれなどがサインです。

疑わしい時は早急に獣医さんへGO。

胃捻転を起こしやすい犬種

グレートデン、スタンダードプードル、ボルゾイ、ドーベルマンなど大型犬で胸が深い犬種が発症しやすいと言われています。

しかし、小型犬ならならないわけではありません。

特に、老犬になると小型犬でも発症したお方も多くいらっしゃるようです。

胃捻転・腸捻転は致死率が高く、発症から死に至るまでの時間が短い恐ろしい症状です。
飼い主さんはちゃんと知識をつけておいて、予防しましょう。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました