FXに関する税金と節税方法について。確定申告は必須!

FX

FX取引で利益が出たら、税金はどうやって計算すればいいの?

税金を減らす方法なんてあるの?

調べたのでまとめます!

トレイダーズ証券[みんなのFX]
広告

確定申告は必須。例外は利益20万円以下など

FXの利益は「雑所得」として課税されます。開業届を出していないサラリーマンの副業などと同じカテゴリですね。

税率は一律で20.315%(所得税15.315%、住民税5%)

FXの場合は、株の特定口座のような仕組みはありません。

したがって、FXを含めて給与以外に20万円以上の所得がある場合は、確定申告はマストになります。

未決済のスワップは課税対象?

原則、受け取っていない未実現のスワップが課税対象外であることが多いです。

私が利用しているFX業者について説明すると、、、

ヒロセ通商は、未決済ポジションであれば課税対象外HP)。

みんなのFXは、スワップを受け取っていなければ課税対象外参考)。

マネースクエアは、スワップ振替をしなければ課税対象外。(HP)

以下、参考にしたブログです。

未決済ポジションのスワップポイントに税金がかかるFX会社とかからないFX会社まとめ
FXで得られる利益には、為替差益とスワップポイントとが有ります。為替差益はポジションを決済したときに税金の対象になるという事はわかりますよね。では、毎日もらうことのできるスワップポイントについてはどうなのでしょうか?毎日課税されるのでしょうか?それともポジションを決済した場合にのみ課税されるのでしょうか。ここでは、未決...
スワップポイントへの課税・税金
スワップポイントの税金について   当ブログは、トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドなどの高金利通貨のスワップポイントで、ほったらかしFXで不労所得を得ようというブログです。 しかしスワップポイントへの課税・税金については、

損失は3年間の繰り越しが可能

年間トータルの成績が残念ながらマイナスになってしまった場合。

確定申告をすることで、3年間損失を繰り越すことが可能です。

翌年か翌々年にプラスになった場合に相殺することで、確定申告をしなかった場合に比べて税金が少なくなります。

節税方法について

では、税金を減らす方法はあるのでしょうか。4つほど紹介します。

一つは上記の損失の繰り越しがありますね。

二つ目とは、経費があります。

経費を使うことで利益を少なくすることが可能です。

経費として認められるのは、書籍代・セミナー代・セミナーの交通費など。

あとは、FX用(という名目)のパソコンやインターネット料金(全額は厳しいでしょうけど)も経費として認められることがあります。

三つ目は、損失を確定させることです。

12月時点で含み損のポジションがある場合は、それを決済することで利益を少なくすることが可能です。

四つ目は、他の取引と損益通算をすることです。

FXの利益は、先物取引やCFDなどと通算できます。他の取引で損失があれば、そちらと相殺可能です。

まとめ

  • FXの利益は雑所得
  • 雑所得は20万円以上の利益に対して課税
  • FXの税率は20.315%
  • 損失を繰越せるので、損した年も確定申告はするべし
  • 節税方法は損失を出すことと経費を使う方法

わたぱぱがおすすめしているFX会社

トレイダーズ証券[みんなのFX]

みんなのFXは、1000通貨から取引可能なので資金が少なくても始められます。

他社よりスワップポイントが高く設定されている傾向があるのも嬉しい。

あと、スマホアプリで最新ニュースや各国の経済指標を見ることもできます!

FX取引ならヒロセ通商へ

ヒロセ通商は、メキシコペソのスワップが最も高い会社でした。

ちょっと2019年8月22日時点では他社とあまり変わらないですが・・・
(みんなのFX11円、ヒロセ通商12円)

1,000通貨から始められます。

マネースクエア

マネースクエア社の「トラリピ」です。

設定した通りに、何度も注文と決済を繰り返してくれる自動売買ツールです。

相場と設定次第では強力な味方になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました