プロのドッグトレーナーから犬のしつけについて教わりました【散歩、留守番】

広告
犬のこと

犬友に紹介頂いたドッグトレーナーさんに会って、犬のしつけに関する悩みを相談してきました!
備忘も兼ねてまとめたいと思います。

今回相談したかったことは以下の2点!
1.留守番中のイタズラ
2.散歩で引っ張る

他にも、気になってたことをいろいろ聞いちゃいました!

留守番中のイタズラがひどいのですが、対策は?

(参考記事)犬のお留守番中のイタズラについて

イタズラをする理由

体力が余っているから、です。
根本的な解決方法は運動量を増やすしかないのです。
現在わたは仕事前の朝に30分、仕事後の夜に30分散歩に行っています。
正直、平日に散歩量を増やすことは難しいです。

解決策その1 クレートに入っていてもらう

留守番中はクレートで待っててもらいます。
私はクレートに閉じ込めるのはかわいそう、と思っていたのですが、犬は本来、洞穴で過ごしていた生き物。
ちゃんとトレーニングさえしておけば3時間やそこら余裕らしいです。

災害が起きて非難することになったら、クレートに長時間いなければなりません。
クレートトレーニングはちゃんとしとかないとなりませんね。

夜寝る時や、ちょっとおとなしくして欲しいときもクレートでOKです。
今わたが使用しているクレートは、長時間使用するには手狭。
少し大きいものを調達しなければ。

~追記~
留守番中に、クレートの扉を破壊されました。
うそーん、って感じです。

解決策その2 運動量を増やす

運動量を増やすために、室内でぬいぐるみを使って引っ張りっこ遊びをします。
単純に運動になるし、犬の「狩猟本能」を満足させることで、犬は満たされます。

解決策その3 散歩の質を高める

後述の引っ張り対策にもつながる内容です。
私は、散歩の負荷を高めようとして早足で散歩をしていました。

ところが、それは逆効果。ゆっくり散歩したほうが犬は疲れるらしいです。
理由は、ゆっくり歩くことで犬がいろいろな情報を知覚し、が疲れるからです。

脳を疲れさせる散歩が、質の高い散歩ということですね。

また、ハイペースで散歩をすると犬が興奮してしまいます。
すると、帰宅してからも興奮が冷めず、いたずらにつながります。

散歩中に引っ張るんですが、対策は?

引っ張る理由

普段の散歩で、犬が行きたいところに行かせていると、犬はそれが普通だと認識します。
すると、犬が行きたいほうへ好き勝手にグイグイ引っ張って行っちゃいます。

また、気になるにおいがあると頻繁に立ち止まったり、草むらに入ろうとしたりします。

解決策その1 首輪を使用する

私は、首輪は犬へ負担が大きいと聞いたことがあったのでハーネスを使っていました。
ハーネスは、もともと犬がソリを曳くためのもの。そりゃ引っ張りますわな。

当然、首輪のほうが犬の負担が大きい懸念はありますが、
「ひっぱらせなきゃ負担はないです」
と言われました。なるほど、そりゃ確かに。

さて、首輪を使用した散歩のコツについてです。

リードが張ったら、首輪を(飼い主側)もしくはに引っ張ります。
それを繰り返します。
後ろに引っ張っても効果は薄いそうです。
首が絞まるだけです。気を付けましょう。

それと、ゆっくり歩くこと。
前述の散歩の質を高めることもありますが、ハイペースで散歩をすると犬が興奮してしまいます。
興奮すると、周りが見えずグイグイ引っ張ってしまいやすくなります。

たまに、泡を吹きながらグイグイ引っ張る犬を見かけますが、そのレベルで引っ張りが強い子の場合は、個別にドッグトレーナーさんに相談したほうがいいでしょう。

解決策その2 首の後ろを突っつく

犬同士で注意する場合、首の後ろを噛みます。
なので、首の後ろを突っつくとびっくりして言うことを聞いてくれるようになります。
わき腹を突っつくのも有効だそうです。

解決策その3 犬の前に立つ

わたは犬が好きなので、他の犬を見かけると近づきたくて引っ張ってしまいます。
そんな時には、わたと相手の犬の間に立って落ち着かせます。

解決策その4 犬が立ち止まっても無視して先に行く

犬が頻繁に止まってしまい散歩にならない場合、無視して歩き続けましょう。
その時に、犬の方を見ずに背中を向けて歩くのがコツです。

犬が飼い主のほうを見て「ちょっとにおい嗅ぎたいなぁ」って意思表示をした場合は、飼い主さんの都合で止まってあげてもいいでしょう。

犬が散歩中に草を食べてしまうのですが?

道草を食う理由

足りない栄養素を補おうとしているそうです。
犬は肉食です。しかし、犬が食べる草食動物の胃の中には植物が入っています。
犬は植物から摂取する栄養素をそこから補給していました。

解決策 フードに野菜を混ぜる

ただし、フードプロセッサやミキサーで粉砕した、生野菜を混ぜます。
量はフードに対し10%くらい。

野菜のふりかけがありますが、あれより粉砕した野菜のほうがいいそうです。
理由は、そのほうが草食動物の胃の内容物に近いからです。

ほうれん草は、シュウ酸だか硝酸だかが含まれているので、尿路結石の原因になります。
避けましょう。

ベビーフード用に買ったブレンダーが役に立ちました!

 

足やお尻を触られるのを嫌がるのですが?

触られるのを嫌がる理由

足やお尻を嫌がる犬は多いです。
以前、爪切りで出血させてしまったこともあったので、トラウマになってしまっている可能性もあります。
(参考記事)犬を爪切りで深爪させてしまった!

解決策 触られることに慣れさせる

ひっくり返して触りまくります。
その時に、犬の足やお尻を触り、慣れさせます。

インスタにあげた画像の4枚目と5枚目をご覧ください。

慣れてきたら爪切りを当てたりして、さらに慣れさせましょう。
おやつをあげながらね!

食事の直後は避けましょう。胃・腸捻転の危険があります。

呼び戻しができない!

呼び戻しとは、「おいで」です。
呼んだら飼い主のところへくるようにしつけておくと、トラブルの防止に繋がります。

呼び戻しのしつけ方

なんとなく、「こっちくるな~」ってわかるときありますよね。
そのときに、「おいで!」と声を掛けます。

繰り返すうちに、「おいで」で近くへ来てくれるようになります。

まとめ

今回は、留守番中のイタズラ、散歩で引っ張る、その他もろもろについて教わりました!
継続して教わり、わたをイタズラをしない、散歩も上手なスーパードッグに仕上げます!!

新潟市にお住まいの方は「パルマ」で検索してみてね~。では!

追記

後日、お散歩レッスンを受けたので、記事にしました!

犬が散歩の時に引っ張る!対策をプロのドッグトレーナーに聞いた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました