【危険】あげてはいけない国産ドッグフードを実名で紹介します!

ドッグフードって種類がたくさん。
どうやって選べばいいかわからないですよね。

安いほうがありがたいけど、愛犬にはいいものを食べさせてあげたい。

高いもの=安心と考えるのも短絡的なような。

そう思い、調べたことをまとめます。
愛犬のフードを選ぶときに少しでも参考になれば幸いです。

広告

国産のドッグフードは要注意

国産=安心、あなたがそう考えているなら危ないかも。
ドッグフードに関して言うと国産品は危険である可能性が高いです。

理由は、日本はドッグフードに規制がない、無法地帯だからです。
2009年に規制する法律ができたようですが、それにより罰則を与えられた業者はまだいません。
既存業者に迎合した、ゆるゆるの規制みたいです。
気になる場合は「ペットフード安全法」で調べてみてください。

私は、わたを飼い始めたころ、近所のホームセンターで売っていた国産の安いドッグフードをあげました。
結果、うんちは柔らかいしニオイは超キツイ。フードだけが原因ではないかもですが。

海外のドッグフードは?

海外(ドイツ、イギリスなど)には日本よりちゃんとした規制があるため、ドッグフードも安全なものである可能性は高くなります。
有名な「カナガン」や「モグワン」はイギリス工場で生産されています。

カナガン、モグワンは購入したことはありませんが(だって高いんだもん)、調べる限りは犬にいい素材を使ってるようです。

ドッグフードの素材

ドッグフードの袋には素材が記載されています。

私は購入時は素材を確認し、「この素材どうなんだ?」というのがあれば検索するようにしています。
国内産はもちろん、海外産でも素材を確認するようにしましょう。

避けたほうがいい素材、安心できる素材を簡単にまとめます。

避けるべき素材

穀物

犬は肉食です。穀物がメインのフードは消化に悪いです。

穀物が含まれている分にはいいですが、メインが穀物のフードは避けましょう。

トウモロコシや大麦、小麦が真っ先に記載されている場合は穀物メインと判断できます。

「〇〇ミール」など

「オートミール」は人間の食材にも使用されているので大丈夫。
注意すべきは「ミートミール」「チキンミール」など。

チキンミールの場合は、チキンのトサカや骨など、食用でない部分が混じっている可能性があります。

肉副産物、肉粉

肉粉は「ミール」と同義。
どちらも、肉を加工する過程で出る廃棄部分を使用しており、糞尿、病気の動物の体、生ごみなどが原料になっています。

着色料

犬は人間ほど色を識別できません。
カラフルなフードは、飼い主へのアピールに過ぎません。

BHA、BHT(酸化防止剤)

発がん性物物質です。使うなこんなもん。

ソルビン酸カリウム (防腐剤)

発がん性物物質です。使うなこんなもん。

良い素材

〇〇肉(鶏肉、ラム肉など)

ちゃんとしたお肉が使われている場合はこのように表記されます。

ローズマリー抽出液(酸化防止剤)

天然由来成分で安心。

実際にわたに与えてしまった粗悪なドッグフード

最後に、実際にわたにあげてしまった国産の安いドッグフードについて、調べた結果と感想をまとめました。

愛犬家のみなさまに少しでも参考になれば幸いです。

僕の感覚では、普通のドラッグストアやホームセンターに置いてある類のものは避けたほうがいいです。

愛犬元気

フードは少ししっとりしている感じ。
色とりどりで栄養ありそうに見せてますが、合成着色料です。

穀物メインで作られているという点もよくないです。

ウンチはゆるゆる、臭いは超臭かった。
評判を調べて焦りました。

こんなもん毒だ!あげ続けてたら早死にしてしまう!と感じ捨てました。

COMBO

これも穀物メインで、着色料を使っている点は愛犬元気と一緒。
うんちはゆるゆる、臭かったです。

PRO MANAGE

穀物メインのフードです。

酸化防止剤に発がん性物質であるBHA、BHTが使われています。
ウンチゆるゆる、臭かった。

国産で安いもの与えてしまったのはこの3つです。

はっきり言って全部だめです。国産とか、有名企業が作っている、とか関係ないです。
買ってからインターネットで調べて戦慄しました。買う前に調べないとだめですね。

3つともどこのサイトでも最低評価。
わんちゃんの健康を害するドッグフードとして紹介されてました。

こんなもんが堂々と販売されているなんて、日本がペット後進国と言われるのもうなずけます。

犬は食べるものを自分で選べません。
飼い主がちゃんと勉強して、いいものを選んであげたいですね。

素材と価格を考慮した結果、我が家ではコストコのフードをあげています。
レビューはこちらの記事に書いています。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました