大学不要論について

働くこと

イケハヤさんが「やりたいことがないからとりあえず大学に行こうと考えるのはダメ」とtwitterで発信したところ、賛否両論入り乱れ、ちょっとしたムーブメントになっています。

僕は私大文系卒なのですが、自分の大学時代のことを振り返りつつこのテーマに関する意見をまとめます。

まだ大学入学前の方の参考になれば。
あと、同じ私大文系卒の方は共感して頂けるんじゃないかな、と思います。

広告

大学とは何をするところなのか

大学は遊ぶところ?

僕の親は50代です。
入学前に、「大学は楽しいからとにかく遊べ!人生最後の夏休みだ!」なんて親から言われていました。

真に受けて、遊びまくっていました。
バイトして資金作って、遊んで、、、という毎日。

おかげで大学時代は楽しい思い出をたくさん作ることができました。

でも、それって大学に居なくてもできるよな、とも思います。

大学時代の思い出は、趣味のテニスに明け暮れたり、国内外へ旅行に行ったり、彼女(今の妻)とデートしたり、楽しかったです。

うん、繰り返しますが大学に行かなくてもできることばかりですね。
妻とは大学で出会ったので、それは例外化もしれませんが。

大学は学ぶところ?

言うまでもありませんが、本来は大学は学ぶところです。

「この分野を学びたい!」という意思があって、志望大学や志望学部が出てくるのが健全です。

しかし現実は、自分の学力に応じて行けそうな大学の中で偏差値が高いところを目指しています。
少なくとも僕はそうでした。MARCH以上ならまぁいっか、みたいな。

東大理3に行く人たちの中に、心から医者を志望する人がどれだけいるのか、という話ですよ。答えはわかりませんけども。

学びたいものが特になければ、大学に行かずに就職するなり好きなことに打ち込むなりして、それが見つかった時に大学に行けばいいと思います。

大学の講義について

実際に受けた大学の講義には、中学高校の授業の延長のようなものもありました。

英語は自分でやるとか、英語ネイティブな方と交流したほうがよほど勉強になったでしょう。
実際にそういう場を提供している大学もあるので、それは意義があることだと思います。

簿記とか会計は、自分で勉強したほうが効率よかったんじゃないでしょうか。

大学の講義は1対多形式であることがほとんどなので、質問もできないし、密度が薄くなりがちです。
目的意識をもって少人数のスクールや、詳しい人にマンツーマンで習う方が効率的です。

学費はやたら高いので、自分でカスタマイズして学んだ方が効率よく、かつ負担も軽くなるかもしれないですね。

大学に行く意味はないのか

では、大学は無意味なのか。
人それぞれと言ってしまえば身も蓋もありませんが、目的意識が明確な人にとっては意味はあるでしょう。

あと、現時点で意味があるとすれば、大卒のほうが就職しやすいことでしょう。

募集要項を大卒以上としている会社は結構あります。
大卒と高卒で賃金テーブルが違っていたり。

でも、それって本質的じゃないよなぁ、って思います。

大事なのは、大学で何を学んだかであって、大学入試にパスして単位を取って卒業しただけでは何の価値もないと思います。

企業にとって、大学卒=一定の学力を備えているという足切りラインとして使いやすいのだろうとは思いますが。

1年2年勉強して、大学に入って4年遊んで
1年就活頑張ってその後数十年だらだら働く、

そんな人生嫌ですね。

これからの大学

最近は、大企業でも「普通の大学卒」ではなく「何かに本気で打ち込んだ経験や特殊スキルを持った人材」を採用しようとしています。

ソフトバンクや、スタートトゥデイ、損保ジャパンなんかも「一芸入社」を採用しています。

一定水準以上の学力を備えた人材が欲しいのであれば、大学入試にパスした時点で基準クリアです。その後の4年間は無関係かもしれません。

これからの日本は、スキルを身に着けてどこでも働ける、自分で稼ぐことが出来る人材でなければ厳しいです。

なので、座学中心の「お勉強」は減らして、生きる術を身に着けられるような場を提供してほしいものです。

例えば、プログラミング。
スクールに通えば数十万円かかります。大学の講義でやってくれたらうれしいですよね。

あとは、大学OBが経営している会社や提携している企業へインターン派遣とか。

あとは異文化交流とか。
留学は費用がかかるので、日本にいる海外の方と何か一緒に事業やイベントを行うとか。

あとは金融教育ですね。
株やFXをちゃんと理論立てて教えてもらって、身銭を切って学ぶ機会を若い方に与えて欲しいです。

大学は就活予備校などと揶揄されていますが、いっそ本気で就活予備校になっちゃえばいいんです。

市場価値の高い人間になるためのスキルセット、企業に頼らずとも生きていける方法を教える場になればいいのです。

まとめ

・大学で何を学びたいか明確にしましょう

・見当たらなければ、好きなことをしててもいいんじゃないでしょうか

・大学は、これからの日本でどう生きるかを学生に教えてください

最後に

決断するのは自分自身です。
だれも責任をとってはくれません。

世の中にはいろいろな意見がありますが、鵜呑みにせず自分で考えて行動しましょう。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました