中型犬・大型犬可の賃貸物件の探し方は?おすすめサービス紹介!

こんにちは。

僕は、15kgの中型犬わたと一緒に生きております。

家は賃貸で、わたと過ごした2年弱の間で2回引っ越しました。
つまり、3物件に住んだわけです。

そんな僕が、中型犬や大型犬と住むことが出来る賃貸物件の探し方、裏技や注意点をご案内します!

わた
わた

犬がいると大変だぜ!

中型犬・大型犬可の物件を探す方法

インターネットで探す

まずHOMESSUUMOなどのサービスで物件を探す方が多いと思います。

「ペット可」を条件にして物件を探すことができます。

ところが、多くのペット可物件は、小型犬可であることが多いんですよねぇ。
ペット可物件の半分以上は小型犬限定であったように感じます。

そこで、中型犬・大型犬可の物件を探しやすいサービスをご紹介します!
登録だけなら無料ですので、とりあえず問い合わせてみてはいかがでしょうか!?

スマイリア

スマイリアホームページ

首都圏限定です。一都三県での物件探しならスマイリアがおすすめです!

大型犬・中型犬・多頭飼い・猫など、飼うペットの種類を条件に物件を検索できます。

もちろん、沿線やエリアから検索することも可能です。

なにより、対応いただいた川本さんがとても丁寧な方ですっごく印象良かったです!
ホームページに名前と顔が載っているので、おそらく社長さん。

ニーズに合致した条件の物件を沢山紹介してくださり、
遠方で内覧に行けない僕の代わりに、部屋の様子を撮影してきてくださったり。

やりとりが丁寧で、心強かったです!

ペットホームウェブ

ペットホームウェブホームぺージ

こちらも、大型犬・中型犬などの飼うペットの種類から物件を探すことができます。

賃貸物件のみならず、マンション・戸建ての購入を検討している人にもおすすめです。

こちらは全国の物件を探すことが出来ます!

こちら、ホームページにある文面です。
うーん、おっしゃる通りです。

ペット可物件難民0を目指して

わたしたちペットホームウェブは、ペットを飼っているみなさんが、引越し先を探すのに苦労している現状を変えたくてこのサイトを始めました。

ペット可物件はまだまだ不足しています。やむなくペットを飼ってはいけない物件でこっそり飼いしてしまった、という方もいらっしゃると思います。

一方で、大家さんや不動産屋さんも、ペット可物件にすることで発生してしまうかもしれないトラブルに、ついペット可物件にすることを避けてしまう事があります。

わたしたちの暮らしは、もうペットと切り離すことはできません。ペットは大切なパートナーです。

住まいを借りる人も貸す人も、お互いに理解しあい、協力しあって、ペットと人が暮らしやすい社会を作っていきましょう。

ペットホームウェブはそのためのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

そして最後には、すべての家でペットが飼えるようになり、”ペット可”という目印が物件サイトから消え、ペットホームウェブが必要なくなる社会になったらいいな、と考えています。

イエッティ

イエッティホームページ

チャットで営業マンとやりとりができる新興サービスです!

仲介手数料が半額であることも嬉しいです!

営業マンからの提案はもちろん、AIを駆使した物件紹介もしてくれるそうです。

登録はFacebookかYahoo!のアカウントを連携させるだけで完了するのでお手軽です。

ベンチャーキャピタルや電通、伊藤忠、みずほなんかが出資している、イケイケ不動産ベンチャー企業ですね。

やりとりは妻がやってくれたので、妻に話を聞いてみます。

住みたいエリアの不動産屋さんに紹介してもらう

住みたいエリアが決まっていて、そこが遠くでなければ地元の不動産屋さんに手伝ってもらうこともいい手です。

いい担当の方についてもらえたら、かなり満足度は高くなります。

本来は小型犬のみOKの物件でも、オーナーに交渉して中型犬をねじこんでくれることもあります。

実際に物件を見ながら検討できるのもいいですね。

地元の不動産屋さんはオーナに顔が利くことも多く頼りになります。

WEBに公開される前の情報を持っていることもありますので、活用したいです。

ペット可物件の注意点

初期費用が高くなりがちです。

犬がいると、敷金・礼金が高くなることがあります。

特に敷金は通常1か月分のところ2か月分要求されることは結構あります。

犬がいると家が傷みやすいという理屈なのでしょう。

敷金であれば、返ってくるのでいいのですが、家賃1万円上乗せという物件がありました。
それさえなければあそこに住みたかったのに・・・!

まとめ

・WEBサービスを利用しよう!

・アナログに不動産業者に依頼してもOK!

・初期費用は高くなりがち!資金の用意をしておこう!

以上、中型犬・大型犬を変える物件の探し方でした!

おまけ

海外のペットとおうち事情

フランスでは、基本的にどの物件もペット可らしいです。

なので、気に入った犬がいれば、即引き取って家に連れて帰ることができます。

ペットホームウェブの言う通り、「ペット可」なんてフラグがなくなり、飼えるのが当たり前になるといいですね。

旭化成のペット共生物件

ペット共生マンションは、旭化成「へーベルメゾン」が運営している物件が多いです。

綺麗で、しっかりしていて、犬のことを考えた設備があり、かなり良いです。

しかし、一転注意点が。

それは退去時に敷金をかなり持っていこうとすることです。

1か月しか住んでいないのに、敷金で入れていた家賃1か月(12万円くらい)では足りず、追加請求されました。

かなりモメて、なんとか8万円くらいまで下げました。
それでも高くないか?

実は今度住む物件も旭化成の物件です。

敷金交渉でモメてもブラックリストに入れられたりすることはなさそうです。

 

今度こそおわり。ではまた!

 

コメント