【感想/書評】沈黙のWEBライティングはブロガー必読の書!

多くのブロガーさんが「これだけは読んどけ!」とおススメしているこちらの本。

ずーっと気になっていた「沈黙のWEBライティング」がセールで安くなっていたので購入しました!

WEBライティングのお堅い実用書かな、と勝手に思い込んでいましたが、大きな勘違いでした。

本書は、物語形式で進みます。

ストーリーは、経営が厳しい地方の温泉旅館をWEBコンサルタントのボーン氏がテコ入れして復活させる、というもの。

キャラクターの顔と吹き出しで会話形式で話が進むので、とても読みやすいですよ!

わた
わた

どういうこと?

わた
わた

こーゆーかんじだね

広告

内容と感想

ブログ記事を書くうえで、参考になる点が多かったです。

サーチコンソールやアナリティクスは一応登録しているものの、使い方がよくわかっていませんでした。
それらの重要性を把握できました。

ぱらぱらと、参考になった知識をアウトプットします。
ごく一部なので、もっと知りたい方は是非お買い求めください!

検索結果を調べるときはシークレットモードで

通常のブラウザでググると、表示されるコンテンツはパーソナライズ化されてしまうそうです。
そのため、フラットに検索結果を調べる時はシークレットモードを活用したほうがいいです。

意識するのは専門性、網羅性、信頼性

グーグルが上位表示させたいのは、ユーザーのためになるコンテンツです。

グーグルに認めてもらうには、上記の3要素が重要です。

一度はグーグルのウェブマスターガイドラインを確認しておきましょう。

ウェブマスターガイドラインはこちら

読み手に伝わりやすい文章を意識する

・感情表現を入れ、自分事化による”共感”を誘発

どうやったら共感を生むことが出来るか・・・

具体的なアドバイスも記載あり。
気になる方は読んでみてください。

”見やすさ””わかりやすさ”にこだわる

読み手の脳の負担を減らしましょう。

ダニエル・カーネマン著の「ファスト&スロー」という本が参考になるそうです。

900円くらいですね。今度読んでみよう。

骨子はこんな感じ。

①適度な改行、漢字とひらがなの割合、主語を明確に、箇条書きにする・・・
など、ぱっと見わかりやすい文章を心掛けましょう。

②論理的におかしな分にならないようにしましょう。

最近、本を読む人が減っているそうです。
あまり文学的なコンテンツは敬遠されてしまうかもしれませんね。

冒頭で伝えたいことをまとめる

いくつか具体例をご紹介。

・更新日を記載する
僕が使ってるワードプレステーマ「cocoon」だと、更新日は自動表示ですので安心です。

・ペルソナを意識する
ペルソナとは、「ターゲット像」のこと。
どんな人に向けて書いたのか、ってことですね。

他にもテクニックが記載されていますので、気になる人は本を買ってください!

オウンドメディアについて

オウンドメディアとは、自社サイトのことですね。

今の僕には無用の長物ですが、将来ペットショップを開業したり、ペット賃貸物件オーナーになるという野望があるので、目は通しておくことにしました。

内容が気になる人は、本を買ってください。

 

以上、沈黙のWEBライティングの感想でした!

では!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました