電子書籍と紙の本とオーディオブックの使い分け方

オーディオブック

本、何で読もう?

電子書籍派のわたぱぱです。

最近、紙の本もいいなぁと回帰しつつあります。

また、オーディオブックという新境地も開拓してます。

さて、読みたい本をどの媒体で入手すべきか?

悩みどころですよね。

「その時に応じて使い分けたらいいじゃん」という結論に達しました。

使い分けるには、それぞれのメリットデメリットを理解する必要があります!

私なりの使い分け方などを記載しますので、ご参考になれば幸いです。

電子書籍のメリット

  • 保管が容易
  • 劣化しない
  • 持ち運びしやすい
  • 安く購入できるタイミングがある

紙の本のメリット

  • 中古の売買市場がある
  • 人に貸すことが出来る
  • ページの行き来が容易

オーディオブックのメリット

  • 満員電車でも聴ける
  • 歩きながらでも聴ける

メリットを踏まえると、ずっと持っていたい本は電子版、一回読んだらおしまいの本は紙の本でいいのかな、と思っています。

あとは、買うタイミングや書籍の特性によって変えています。

また、時間を無駄にしないためにすき間でオーディオブックも利用してます。

それぞれの詳細について語らせてください。

広告

電子書籍のメリット

保管が容易で 劣化しない

データなので、保管に場所を要しません。

紙の本と違い、データでしかないので劣化しません。

kindleなどの機器は劣化しますが、それは買い換えれば済むだけの話。

なので、繰り返し読みたい本は電子書籍に向いています。

この次の「持ち運びしやすい」にも関わりますが、紙の本を持ち運ぶと本がボロボロになってしまうデメリットも電子書籍なら無関係。

持ち運びしやすい

例えばkindleは、上着やズボンのポケットにすっぽり入るサイズです。

通勤や、外出するときに荷物にならないので移動時間の読書に向いています。

安く購入できる時がある!

例えばamazonでは、たまにkindle本の値引きやポイント還元がおこなわれています。

定価の半額や、10円などの破格で購入できることも珍しくありませんので、そういう機会に気になる本を購入しましょう。

上にリンクを貼っている「kindle unlimited」は定額読み放題のサービスです。

話題の本が対象になっていることも珍しくないので、重宝してます。

電子書籍について注意点!!

いくつか注意点があります。

  • サービス提供終了したら読めなくなる
  • 読みたい本が電子化してるとは限らない

amazonのkindleはすでに大規模に事業展開しているので、撤退の可能性は低いと思ってます。

そして、スラムダンクは電子化されておりません。
ご注意ください。

紙の本のメリット

中古売買市場がある

BOOK OFFや町の古本屋さんであれば、紙の本は中古で入手することができます。

当然読み終わったら売ることも可能です。

最近はメルカリなどのフリマ市場が成長していますので、上手に活用したいですね。

購入時の値段と同じ価格で売却できれば、手数料+郵送料の負担で本を読むことが出来ます。

メルカリのスマホアプリなら、本のバーコードを読み込むだけで本のタイトルや概要、相場価格まで一発で入力できます。

人に貸すことが出来る

紙の本なら、おススメの本を家族や友人に貸すことが可能です。

電子書籍だと貸してしまうと自分が本を読めなくなってしまいます。

それに、自分が読んでる本がばれます。
ちょっと恥ずかしいです。

ページの行き来が容易

本を行ったり来たりするならば紙のほうがいいでしょう。

教科書的な書籍は紙のほうが向いています。

副次的な効果ですが、参考書がボロボロになってると達成感ありますよね。

オーディオブックのメリット

●amazonのaudible

●オトバンクのaudiobook.jp



歩きながら、本を読むスペースもないほどの満員電車の中など、オーディオブック以外の読書が不可能な状況は少なくありません。

こういった時間を無駄にせず、読書に充てられることはとてもうれしいです。

上で紹介しているaudibleかaoudiobook.jpがおススメです。

比較記事はこちら!!

まとめ 紙の本と電子書籍とオーディオブックの使い分け方は?

セールなどで安く購入できるときは、電子書籍で購入します。

また、繰り返し読みたい本は電子書籍で購入します。

セールになっておらず、繰り返し読むかわからなければ、紙の本を中古で購入し読み終わったら売ります。

また、サイズが大きな本は持ち運びに不便なので、電子書籍で購入するか、紙の本を家でゆっくり読みます。

そして、スキマ時間は耳で本を聴くオーディオブック!!

 

これが私の結論です。

では、快適な読書ライフを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました