銀行は制限がいっぱい!銀行員でもできる投資とは!?

以前、このような記事を書きました。

この記事でも書いていますが、

多くの場合、銀行員はFX、株式投資は禁止です。

上場企業と取引しない商工中金で働いている友人は個別株投資していましたが、それは例外。

じゃあ、銀行員は資産形成できないの!?多少給料良くてもそれじゃ物足りない!

というあなた。銀行員でもできる投資にはどんなものがあるのでしょうか。

マネーゲーム好きな元銀行員の僕が紹介していきます!

※本当にOKかは会社の規則などで確認してくださいね。

Advertisements

投資信託

投資信託は、文句なくOKです。

むしろ、銀行のノルマのためにNISA口座を開設させられたり、投資信託を自分で買った、なんて人も多いはず。

銀行の投資信託は売買手数料や信託法種が高いものが多いので、よく吟味しましょう。

ETF

ETFとは、上場している投資信託。

投資信託の一つですが、それ自体に値動きがあります。

信託報酬が低いことが多々ありますので、チェック!

ロボアドバイザー

AIを活用した投資です。

やってることは投資信託と変わりません。

詳細はこちら!

ソーシャルレンディング

個人から資金を集め、投資するサービスです。

maneoやオーナーズブックが有名ですね。

投資信託と比べると、ハイリスクハイリターンな投資です。

元本割れのリスクが大きい一方、年利7%の案件もゴロゴロ転がっています。

仮想通貨

ビットコインに代表される仮想通貨です。

僕が勤めていた銀行では、仮想通貨の短期取引は禁止されてしまいました・・・。

禁止される前にどうぞ!

生命保険

米ドル建ての生命保険だと、そこそこの利回りを獲得できる商品もあります。

僕は保険ではなく、投資の一環と捉えていました。

ただし、一定期間たたないと解約返戻金が元本割れする場合があるので注意が必要です。

まずは、生命保険料の所得控除を狙って契約してみるくらいでもいいかもしれません。

ところで、どこの銀行にも出入りの生命保険のお姉さまがいますよねぇ。

あれで断れなくて契約してしまった新入行員も多いはず。

確定拠出企業年金

DCってやつですね。

自分で投資先を選べます。その分リスクも自分が負います。

60歳まで引き出せないのがネックですが、長期でコツコツ投資しましょう。

個人型のDC(iDeCo)も節税効果がありますのでお勧めです!

宝くじ

ドリームジャンボ!

投資というか、ギャンブルというか、ほとんど寄付かもしれません。

たまには夢を見てもいいんじゃないでしょうか。

3億円当たったらソッコーで銀行辞められますよ。

 

以上、銀行員でもできる投資を紹介しました!

では!

コメント