audibleからaudiobook.jpに切り替えた理由【オーディオブック】

2か月でamazonのaudibleを解約しました。

そして、オトバンクが運営するaudiobook.jpに申し込みました。

この記事では、audibleaudiobook.jpを両方使って感じた違い、audibleを解約した理由などをまとめます。
比較検討にお役立てください!

audibleを2か月で解約した理由

コイン制はaudibleの致命的な欠陥です。

audibleは、素晴らしいサービスです。

ラインナップは豊富。
ナレーターはプロばかり。
月額料金も安く抑えられている(1,500円)。
アプリの出来も素晴らしい(一つ文句がありますが)。

その全てを前提からひっくり返したのがコイン制です。

コイン制については、こちらの記事(上でご紹介してます)に詳細を書いてます。

ざっくり説明すると、月に1コインもらえて、1コインで1冊の本と交換できる、という制度です。

オーディオブックは、聞き流しが出来ることが強みです。
犬の散歩しながら、通勤しながら、家事をしながら、本を聴くことが出来ます。

実際にaudibleを利用した感想は、ながら聞きのため、どうしても本で読むよりは内容が頭に入らないです。

そのため、気に入った本は2,3回繰り返して聴きました。

一方、読書に充てられる時間が格段に増えましたので、読める(聴ける)本の総評は増えました。

つまり、じっくり一冊の本を読むのではなく、沢山の本を流して聴きまくる。
そして気に入ったら何度か聴く。

僕はそういった利用方法をとっていました。

そうなると、聴く本の数は多くなりますので、聴き放題サービスの有無は重要な要素になります。

なにしろ、オーディオブックはナレータの方の人件費分値段が高いのです。

audibleでは、本を返却してコインを取り戻すことが可能です。それを繰り返せば、実質聴き放題みたいになるのですが、返却には上限数があります。

1アカウントあたり8〜10回で、ウェブサイトからの返却が出来なくなります。

そうすると、カスタマーサービスにメールをしなければ返品できなくなります。
今のところ、カスタマーサービスから返品を拒否された事例は聞いたことがありませんが、ズルをしているわけですし、都度メールで依頼するのも非常に面倒です。

そこで、僕はaudibleを解約しaudiobook.jpという別サービスに乗り換えました。



audiobook.jpとaudibleの比較

audiobook.jpaudible
読み放題ありなし
月額750円1,500円
ラインナップ数約2万冊
1万冊が読み放題対象)
約1万2千冊
アプリの使いやすさアプリから購入可。
でも使いづらい。
アプリから購入不可。
でも使いやすい。
ナレーションの質 

ラインナップ数

ラインナップ数は、audiobook.jpの方が圧倒的に多いです。

ただし、読み放題の対象は1万冊程度です。その中にも魅力的な本は沢山あります。

個人的には三国志があったのが嬉しいですね。10年以上ぶりに読み返しております。
完全にハマってしまい、わたの散歩と通勤中に聞いてます。

アプリの出来

操作性(UI)はaudibleの方が良いと感じました。
慣れもあるのでしょうけど、さすがアマゾン様です。
両方ともスリープタイマーがあるので、僕はいつも聴きながら寝落ちしてます。

audibleアプリは、謎仕様と言える欠陥があります。
それは本の購入、選択ができないことです。

一回WEB画面を経由しないといけないんですよね。
アプリからはウィッシュリストという、お気に入り登録しかできません。

audiobook.jpはアプリで完結するので使い勝手がいいです。

ただ、イマイチ操作性が良くないのですが、使ううちに慣れるでしょう。

ナレーターの質

ナレーションのクオリティは、それほど大きな差は無いと思います。

あえていうならaudiobook.jpに軍パイが上がるかと。

その理由は、audiobook.jpの本はオーディオブック用にカスタマイズされていることがあるからです。

audibleは、本を朗読するだけです。

とあるカッコ書きが多い本をaudibleで聞いたときは、「かっこ」「かっこ」言うからリズムが悪くてしょうがなかったです。

あと、対談のところでセリフの前に発言者名をイチイチ言ったり。

audiobook.jpの本は、今のところそんなことはありません。

まとめ

audiobook.jpの勝ち!!!

audiobook.jpの、聞き放題対象コンテンツの感想をまとめた記事を作成しました!

よかったら、覗いてやってください!

以上!



コメント