【audible】オーディブルの感想。コイン制?返品の上限は?

audible(オーディブル)に申し込みました。

この記事では、サービスを利用してみた感想と、コイン制というクソ仕様の使い心地を書きたいと思います。

多少文句はありますが、例によって30日間無料お試しが可能なので、気になるなら試してみる価値はあります!

無料体験はこちら!

Advertisements

audibleとは?

アマゾンが展開する「本を聴く」サービスです。

プロのナレーターや役者、声優さんが本を読んでくれるのを聴くものです。

アニメ原作の小説を、アニメの主人公の声を当てている声優さんが読み上げているそうです。
小粋なことをしてくれてます。

こういった「本を聴く」サービスは以前から存在しています。
「オーディオブック」という呼称が一般的だと思いますが、amazon様は「ボイスブック」と表現しているので、この記事ではそれに倣います。

audibleを2か月で解約しました

理由は、こちらの記事をご覧ください!

audibleのことを知りたい方は、引き続きお読みくださるとうれしいです^^

audibleはこんな人におすすめ

・読書好きだがゆっくり本を読む時間が取れない

・車移動が多い

・徒歩移動が多い

「耳」が開いている時間が長い人ほど1日のインプット量が増加します。
僕は愛犬わたの散歩の時などに利用しています。

わた
わた

危ないから片耳はあけてるよ!

audibleを使ってみた感想

ボイスブック(オーディオブック)という存在は以前から知っており気になっていました。

そこに天下のamazonが参入したということなので、物は試しと申し込んだ次第です。

感想としては、

犬の散歩や移動時間、車の運転中も読書を進めることができるので、時間を効率的に使えてとても嬉しいです!

本を聴いても、頭に内容が入らないのでは?と思っていましたが、意外と内容が頭に入りました。
難しい本であれば、2~3回繰り返し聞けば理解が深まります。

わたパパ
わたパパ

これはハマるわー!継続しよう!

と思っていましたが、「コイン制」という謎制度のおかげで、「やっぱやめようかな・・・」と考え直しております。

ボイスブックのデメリット

  • 読み飛ばせない

本であれば、重要でないところは読み飛ばせます。
しかし、ボイスブックだとそうはいきません。

飛ばすこと自体は可能ですが、どこまで飛ばせばいいかわかりません。

総じて、本に比べると読むのに時間がかかります

ボイスブックのメリット

  • 時間を有効に使える

移動時間などの無駄な時間って、改めて考えるとかなり多くて。

移動時間を読書に充てることで、2~3日あれば1冊の本を聴き終えることができました。
(再生時間は4~5時間くらい)

これは、デメリットで挙げた「読み飛ばせない」という点を補って余りあるメリットであると感じました。

audible会員制度について

audibleは会員になって利用する方法と、会員にならずに利用する方法があります。
会員にならない場合は、特典を受けることが出来ず、コンテンツごとに支払いをすることになります。

わた
わた

利用するなら、会員になるべきです。

月額1,500円でaudible会員になることが可能です。

会員特典

  • 毎月「コイン」が付与される(後述します)
  • コインを使用しない場合は非会員価格の30%オフ
  • バラエティ溢れる人気コンテンツを続々配信する「Audible Station」を追加料金なしで利用出来る
  • 他のボイスブックと交換できる(後述します)

コイン制とは?

毎月付与されるコインを、好きなボイスブックと交換できる仕組みです。

つまり、1,500円で会員になっても月1冊しか読めないことになります。
それ以上読む場合は、別途購入です。

以前は同料金にて聞き放題だったそうです。
その時代の利用者が羨ましい。

コイン制の抜け穴

audibleで購入したボイスブックは、交換することが可能です。
(交換方法については後述します)

つまり、聞き終わったら交換すれば実質聞き放題と同じ利用ができるということ。

しかし、amazonもそんな浅はかな考えはお見通しです。

会員の返品特典について

Audible会員の皆様には、会員特典の1つとして購入後365日以内にご返品いただけます。

当会員特典は、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています

当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。会員の皆様には本特典の目的をご理解いただいたうえでご利用いただきますようお願い申しあげます。目的の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合がございます。

なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断に役立ててください。

(出典:公式サイト 会員の返品特典について

わた
わた

聴きおわあったら返品すればいいや!ってのは、趣旨と違うからやめてね!ってことだね。

ちなみに、1アカウントにつき返品回数8~10回程度で、WEB画面からの返品申し込みが出来なくなるようです。
1コインごとではなく、1アカウントごとですのでご留意ください。

「audible 人柱」で検索するとたくさんヒットします。
例えばこちらの記事

ちなみに、WEBからの返品が出来なくなったらカスタマーサービスへメールまたは電話で連絡すると返品できるそうです。

返品対応をする人件費もバカにならなそうですね。

僕は割と正直者ですので、返品を上限まで繰り返せばいいや、という利用方法をするのは気が引けます。
心を痛めながら返品しまくるでしょう。

わたパパ
わたパパ

月額1,500円で月に1冊しか読めないのか。
それなら、amazonサービスの「kindle unlimited」方が魅力的だな。
それか、聴き放題サービスがある「audiobook.jp」という別サービスの利用もアリだな。

正直者のあなたはそんな風に思うのではないでしょうか。

倍までは出すから聞き放題にしてくれないかな、と思う今日この頃。
現状、正直者がバカを見る状態になっており、よろしくないのでは。

それでもaudibleがおすすめな理由

文句はありますが、audibleはおすすめです。

理由は、一気に「ボイスブック」の最大手と言えるポジションを獲得したコンテンツの質と量。

他サービスと比べると、コンテンツ量がけた違いに多いです。
かつ、これからも加速度的にコンテンツが充実することは想像に難くありません。

また、他サービスだと「ナレーターがへたくそ」という身もふたもない意見がありました。
僕はaudibleで何作品か聞いていますが、100%いい声で聴きやすい方が読み上げてくれています。

比較に当たってはこちらのブログが参考になりました。

というわけで、興味がある人は無料期間だけでも試してみてはいかがでしょうか。

では!

 

 

コメント