新築マンション購入記①~どうして新築マンション?物件の決め方~

不動産

先日、新築マンションに申し込みました。

この記事では、何故賃貸住居をやめて購入に至ったのか。
中古、戸建ての選択肢も視野にいれていながら、何故新築マンションという結果になったのか。

を書き綴ります!

これから家を買う人の参考になれれば幸いです。

Advertisements

そもそも賃貸をやめて、購入した理由

賃貸VS持ち家

永遠のテーマですね。

そもそも我が家が賃貸だった主な理由は2つあります。

①前職では借り上げ住宅制度があり、家賃負担が軽かった

②前職は全国転勤が前提の採用だったため、家の購入はリスクが大きかった

ところが転職したため、家賃は全額自分で支払うことに。
転勤はなくなったので、滅多なことがなければ引っ越しません。

なら買っちゃっても良くない?と考えました。

俗にいう「家賃モッタイナイ」という思考です。

なぜ新築マンションを選択したのか

購入価格は約4,000万円

なぜ新築マンションにしたのか。

結論を言うと、資産形成の観点から最もコストパフォーマンスが良いと感じたからです。

一般的には、「新築プレミアム」が乗っている分割高で、
新築マンションを買うやつはバカか金持ちだ、と思われています。
※僕が思っているだけかもしれません。

以下に新築VS中古、戸建てVSマンションの2軸で考えました。

中古戸建てをやめた理由

築古の戸建ては、夫が最も狙っていたゾーンです。
このような本を買って勉強して、お宝物件を探していました。

本は非常に良かったですよ!

瑕疵担保保険やインスペクションなど、中古住宅を購入するのに必須の知識を仕入れることが出来ました!

しかし、実際に物件を探すと中古戸建てでも結構価格帯は高め。

東京の外れでも3,800万円くらいの中古戸建を案内されました。

「新築と値段変わらないじゃん」と夫婦で議論。

近くのエリア、似た間取りで比較して、築20年の物件と新築の物件で500万円くらいしか変わりませんでした。

リフォーム、リノベーションをすることを前提とすると、結局新築とコストはあまり変わりませんでした。
将来的には、投資用にボロ物件を購入し犬共生物件に仕立てたいという野望を夫は持っていますが、それは将来の夢でございます。

新築戸建てを辞めた理由

シンプルに価格が高いです!

土地代+建物代+新築プレミアムが積み重なっているので、かなり高額でした。
建売でも、正直ギリギリ手が届かない価格帯でした。注文住宅なんて絶対ムリです。

中古マンションを辞めた理由

戸建て同様、意外と価格が高いなぁ。というのがその理由です。

てまひま不動産という、中古マンションリノベーションに強い業者さんに相談しました。

戸建て同様で、リフォーム、リノベーションをすると新築と変わらない価格になります。
リノベーションの内容によっては、むしろ新築より高くなります。

古いマンションの場合、管理費や修繕積立金の金額が高くなっているので、それもネックになりました。

また、昔はペット可の物件は本当に少なく、そのため中古マンションでは犬が飼えないケースも多かったです。

そんな理由で断念しましたが、マンションリノベーションは人気ありますよね。

ヒカリノベという業者さんも良そうだったのですが、店舗が遠かったので断念しました。
※東京だと五反田にあります

新築マンションにした理由

さて、もともとは最も選択肢として考えていなかった新築マンションに申し込んだ理由です。

理由は、

①そのマンションに住みたい理由があった
②価格が周囲の中古相場と遜色ない価格だった
③将来的に大きく価格が下がらないだろうと判断できた

ことが主な理由です。

①そのマンションに住みたい理由

ある程度通勤に便利なエリアで、近くに公園があったことがその理由です。

その公園には、ドッグラン、テニスコート、子供の遊び場があり、我々世帯にはとても魅力的に映りました。

そもそも、わたさんを飼うことが出来るマンションなんて滅多にありませんでした。

②中古相場と変わらないほど価格が安かった理由

周囲の中古相場との価格差は500万円程度でした。

リフォームしたらそれくらいかかってしまいます。

その理由は、デベロッパーが10年程前(リーマンショックのときですね)に某大企業の社宅があった土地を購入したから、らしいです。

仕入れが安いから、販売価格を抑えてもプロジェクトとしては成功なんだとか。

本当かよ、と思いつつも納得感はありました。

③価格が落ちにくいと思った理由

僕が申し込んだのは、大手が手掛ける大規模マンションです。
なので、管理が行き届かなくなるリスクは小さいと判断しました。

また、地盤が強固なエリアなので、10年20年経っても、
地震などでダメになるリスクも比較的小さいと思いました。

家探しを振り返って

マンション、戸建て。
新築、中古。

こだわりがなければ、全部検討したほうがいいと思います。

我が家が新築マンションの購入をスピーディに決断できたのが、新築・中古、マンション・戸建て、を全て検討し、相場観を身につけることが出来たからだと思います。

内覧に行き、その日に申し込みました。

ちなみにその部屋は、

我が家の前のお客さんは持ち帰って検討しており(申し込み意思はあったが親に相談したい)

我が家の直後のお客さんはその部屋を狙って来店されたそうです。

多面的に情報を仕入れておき、いざというときに速やかな意思決定をすることが重要です!

さぁ、それもローン審査が通らなければ水泡に帰すわけですが!

どうなる!?→続きはこちら

コメント