airpodsが水没!洗濯機で洗っちゃったけど干したら復活しました

その他

airpods洗っちまった!!!

やってしまいました。

先日、愛犬わたさんの散歩に行った時、ポケットにairpodsを入れていたんですね。

帰宅後、「いい汗かいたわあ」ってシャワーを浴びた際にポケットにairpodsを入れたままズボンを洗濯してしまいました。

広告

airpodsを水没させてしまった時の対策

さて、前置きが長くなりました。

とある方法で、無事airpodsを復活させることができたので紹介します。

洗濯ネットに入れて風通しの良いところで1日干す

私がしたのはこれだけです。

洗濯ネットに入れたのは、紛失防止と水分を吸ってもらうためです。

物干し竿に洗濯バサミで止めました。

airpods水没時にやってはいけないこと

インターネットで復活方法を調べていたら、避けるべき対処法についても知ることが出来たのでご紹介します。

使えるか試してみる

電源を触ったり、充電したりは避けましょう。

内部に水が残っていると回線がショートする原因になります。そうなると取り返しがつきません。

ドライヤーで乾かす

iPhoneやiPodの耐熱温度は45℃です。

airpodsについては公表されておりませんが、同じくらいと仮定した場合、ドライヤーで熱しすぎると、それが原因で故障してしまう可能性があります。

もし蘇らなかったら

残念ながら復活しなかった場合の対応です。

修理する

7,800円で修理できます。

詳細はapple公式サイトへ。

新しいものを買う

2019年3月、airpodsの第2世代が発売されました。

詳細はこちらのブログがわかりやすくまとまっていました。

ノイズキャンセリング機能が優秀なairpods proもいいですね。

apple製品を購入するなら楽天リーベイツがおすすめ!

現行のapple製品は、ほとんど値下げがありません。

楽天リーベイツ経由で購入するだけで、楽天ポイントがゲットできます!

この記事を書いているときは、2.5%還元にて出品されておりました。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました