外国人投資家、アクティビストって?彼らの保有株はねらい目?

株式投資

アクティビストって?
モノ言う株主ってどういうこと?

元金融マンの端くれ、わたぱぱが解説します!

間違ってたら指摘してね!

Advertisements

LIXIL株主の海外投資家が提言

LIXILの大株主、マラソン・アセット・マネジメントやポーラー・キャピタルなど計5社が、LIXILのガバナンス(企業統治)に問題があるとして、臨時株主総会の開催を求めています。

【日本経済新聞】 LIXIL潮田氏になぜ退任要求?3つのポイント

※臨時株主総会は3%の議決権(=株式)を6か月以上保有していれば開催を求めることが可能

LIXILの人事に不満を抱いた株主から、経営陣に対してNOを突き付けた形になります。

なんで彼らが人事に口を出すのか?

それは株主だからです。

特に、彼らのように経営に意見を言う株主は「モノ言う株主(アクティビスト)」と呼ばれます。

アクティビストとは

アクティビストとは、会社の株式を一定以上保有し発言権を得て、自己利益の最大化を目的として経営陣へ提言を行う株主のことです。

彼らはなぜ会社に意見を言うのか?

それは、会社の価値を向上させることで株主として利益を得たいからです。

つまり、会社にとってではなく、株主にとって都合がいいように働きかける投資家ですね。

自社ホームページで持論を展開して、他の株主の賛同を募ったりすることもあります。

最近まで日本の株主総会は「シャンシャン総会」と言われていました。

特に反対意見や提言なく、経営陣からの発表をして何事もなく穏やかに終わる総会ですね。

そんな株主総会しか知らなかった企業にとって、アクティビストは恐ろしいものです。

海外投資家であることが多いのですが、日本にもアクティビストはいました。

「村上ファンド」と呼ばれていた団体がそうです。

代表の村上世彰さんは、いち早くガバナンスの重要性を認識して、自身が株式を保有する会社へ提言を行ってきました。

詳細は村上氏の著書に記述があります。
おススメの本です。

で、アクティビストっていいやつ?悪いやつ?

私見ですが、アクティビストはいいやつです。

例えるなら、ヤンキーぞろいのどうしようもない学校に突如やってきた熱血教師みたいな。

別のたとえをすると、不動産で、ぼろい物件を安く購入して、バリューアップして高く売る人がいます。

経営ががたがたの会社を安く購入して、立て直して高く売る人もいます。

アクティビストもそれらと同様、理由があってお買い得な会社の株式を購入して、提言を通してバリューアップして、値上がりしたところで売却することが目的であることが多いです。たぶんね。

つまり、アクティビストが投資している企業の株式は値上がりする公算が高い!!

ということになるわけです。
ほんとかどうかは知りません。

私はLIXIL株買いましたけどね。株価上がるといいな。

企業側からすると、経営に口を出されてうっとうしいかもしれません。

いちゃもん付けられるくらいに考えている企業もあるかもしれません。

しかし、本来上場するとはそういうものです。
好き勝手に経営したければ上場すべきではないのです。

反対に株主からすると、しっかり企業を分析して改善点を提言してくれたり、今回のLIXILのようにガバナンスが適切でないときなどに先導してくれる頼もしい存在です。

アクティビストがやっていることは当たり前

株式投資をしているみなさん、議決権行使してますか?

総会の決議内容読んでますか?

株式は、あなたの大切な資産です。株主総会はその経営に意見を具申できるチャンスですから、ちゃんと考えて対応しましょうね。

経営者がおかしいと思ったら、その意志を表示するべきです。

 

珍しく難しいこと書いたから疲れちゃったよ!

とりあえずこんなとこで!

では!

コメント