就活で「人」を軸に企業選びをしてはいけない理由

就活が始まったので、関連する記事をまた書きたいと思います。

今回も就活関連で、企業探しの「軸」について話します。

広告

「人」を軸にするな

まず、自分のことを話します。

私が就活生の時に軸にしていたのは「人」でした。
一緒に働く人と感性が合わなければ、仕事をしても辛いだけだろうと思っていたからです。

それに、同じ業界の企業は似たり寄ったりなので、実際あった人くらいしか判断要素がなかったので。

もしあなたが大企業を志望していて、かつ軸を「人」としているならばそれは考え直したほうがいいです。

大企業なら、いろいろな部署があり、いろいろな人がいます。
※志望しているのがベンチャー企業であれば、社長の人柄や考え方、生き方に共感して入社したとしてもハズレないかもしれません。

就活中に会う企業の人は、外向けの顔をした人たちだけです。
彼らは、就活生を自分の企業に振り向かせることがミッションなのですから。

「ここの企業の人はみんないい人だった!こんな人たちと働きたい!」
と思っても、いざ入社したら高い確率で合わない上司、先輩に遭遇します。

それで、会社に行くことが辛くなった時、拠り所だった「人」が崩れ去ります。
そうなったとき、しがみつくものは何も残っていません。
ただ、会社嫌だ、辞めたいと思い、最悪精神を病んでしまうかもしれません。

じゃあ、何を軸とするか

それは、人それぞれです。
と言ってしまうと身も蓋もありませんが・・・。

一つは、事業内容を軸にすること。
語学が好きならそれを磨ける仕事、不動産が好きならその知識をより深くできる仕事。犬が好きなら犬と関われる仕事。

最近は、「働き方」を軸にする若い人が増えてると聞きました。
とてもいい視点だと思います。

これからは、転職・副業・複業が当たりまえになってきます。
残業が少なく、本を読んだり、勉強したり、副業でスキルを高める時間的・体力的な余裕がある。
そんな働き方を推奨してくれる会社を探すことが、今後の自分自身のためになると思います。

裁量労働を悪用し、従業員働かせホーダイと勘違いしているような企業もあります。
そんな環境では自分の時間がなくなり、精神が消耗し、ただの搾りカスになってしまいます。

将来が不安だからと、安定している大企業を志望している人へ。

大企業だからといって未来永劫安泰とは限りません。

むしろ、昨今の変化のスピードを考えるとフットワークが重く、多数の従業員を雇い固定費がかさむ大企業のほうが、傾きだしたら収集がつかないと思います。

それよりも、会社に依存せずとも生きていけることを目指すほうが、将来のリスクを減らすことに繋がります。
大手に入社して、あとはしがみついてればいいや~という考えでは、会社がダメになった時に心中するしかなくなってしまいます。

また、自分が戦力外通告を出されてしますリスク、パワハラ等で自分を壊されてしまうリスクにも備えましょう。

以上、就活をする上での「軸」について私の考えを綴りました。
志望理由はふわふわしてるから「人」に惹かれましたとか言っちゃって、大手から内定もらっちゃって。
あげく、子供も生まれて転職もしづらい私みたいな人が生まれませんように。

転職目指してますけどね。
ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました