社会人になってから後悔する学生時代の過ごし方

今日、新聞で就職活動が始まったという記事を見ました。

私が就活生だったのは5年以上前ですが、、、
社会人としてある程度時間がたったので、思うところを書いてみようと思います。

新聞の画像を見て思ったことは、「変わらないなぁ」ということです。
みんな同じような髪型、黒の無地のリクルートスーツを着て、合同説明会に参加したり、企業の説明会に参加したり。

僕は、メガバンクに新卒で入社し、5年勤務したのちにベンチャーに企業へ転職しました。

そんな僕から、学生の方たちにメッセージを送ります。
可能であれば、就活生時代の自分に届けたい。

こんな大学生活だと後悔します

  • バイトに明け暮れる(それで留年してる人もいました)
  • あまり興味ないバイトをする(せめて好きなことをやりましょう。なんとなく居酒屋バイトとかは良くないです)
  • 自分でビジネスをしない(簡単なことでいいからビジネスを経験しましょう)
  • 経済に無関心(株やFXを触ってみるのはおすすめ)
  • サークル活動に明け暮れる
  • インターンに行かない

もし、もう一度就活するなら

ます、「やりたいことが出来る会社」を探します。

やりたいことが明確でなければ、「やりたくないことをやらなくていい会社」を探します。

具体的な探し方を記載します。

インターン

今は、インターンを活用した選考が多いですよね。私も、就活生の時「ワークスアプリケーションズ」という企業のインターンを受けました。

理由はインターンでお金がもらえるからでした。
会社自体には全く興味なかったです。

しかし、インターン自体は楽しかったです!
そのインターンは2週間くらいのものでしたが、インターンはある程度期間があるものの方がいいと思います。1DAYインターンなんかじゃ会社のことはわかりませんよ。たぶん。

いまは、ベンチャー企業なら「学生インターン募集!」って迎えてくれることが多いです。
WANTEDLYなどで探しましょう。

お給料がでるものも多いはずです。

居酒屋とか、コンビニとか、自分の労働力をつまらないバイトで換金せずに、学生だからこそできる社会見学に使いましょう。

企業探しの軸

それと、業界を絞らずに企業を見ます。そうは言っても時間は有限。今は昔よりももっとタイトなスケジュールでしょうからなんでもかんでも見まくるほどの余裕はないでしょう。

僕がもう一度就活をするなら、「働き方」を軸にして企業を見ます。
毎日、決まった時間に会社に行き、定時が過ぎ、みんなが帰るころまで残業して帰る。

私の今の働き方はこんな感じです。
暇なわけではありませんが、時間を忘れるほど熱中できることもなく、毎日「早く時間がたたないかなぁ。」と思いながら仕事をしています。

場所・時間を拘束されることなく柔軟な働き方ができる企業が今は増えています。
家で妻、子供や愛犬わたと同じ空間で仕事。憧れます。

それと、副業の可否です。
日本の企業で副業を許容している企業は20%。

副業を推進していることで有名な「サイボウズ」など、そういった企業は社員を会社に縛り付けず、のびのびと働かせ、成長を促そうとしていると感じます。

実際働いているわけではないので実態はわかりませんが。
隣の田はなんとやら、かもしれませんが。

単純に、複数収入を得る手段があると、やりたことが増えたときや、会社が嫌になった時、方向転換がしやすいです。

学生時代の過ごし方

また、就活が始まるまでの学生時代過ごし方についてです。

私はひたすら遊んでいました。カラオケして、テニスして、バイトして・・・
よくいるクズ文系大学生だったと思います。

もちろん、それはそれで大切かもしれません。
私自身、それらの体験はいい思い出になっています。

プラスでやっておきたかったと思うのが「法人で働くこと」です。
企業でも、学生バイトを募集しているところはあります。

ただお金がほしいだけのアルバイトであれば、法人バイトのほうがいい経験になるかと思います。
ベンチャー企業やスタートアップ企業の場合、就職しようと飛び込むのは覚悟がいるでしょうが、バイトだったらノーリスクです。

あとは、NPO法人でアルバイトとか。
最近は、お金よりも社会貢献を重視してNPO法人に就職する人が増えているそうです。
私だったら、保護犬活動をしているNPO法人で働きたいですね。
というか、なぜしなかったのだろうと後悔しています。

私自身、新卒で大手に入社しているので、大手志望はやめろとは言えません。
大手→ベンチャー、中小企業への転職に比べて、逆のパターンはハードルが高くなりますからね。
また、大手だと研修体制もしっかりしていたり。

さいごに

世の中には社員を自殺に追い込むような企業もあります。
パワハラは減っているものの、珍しいものでもありません。

どうか、視野は広く。就職したら定年まで同じ会社にいる必要なんてないんです。
転職も当たりまえの世の中になりつつあります。

大切にしたいのは、「心身共に健康に働けるか」「社外で通用するスキルを身に着けられるか」です。

大手に入社しても、自分の将来に役立たないと思ったらとっとと方向転換しましょう。

まとまってませんが、今回はこのへんで。
ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました