破天荒フェニックスはビジネス版少年漫画!しかもほぼ実話!【書評/感想】

amazonのkindle unlimitedの対象に「破天荒フェニックス」が追加されました!

よく名前を聞く本だったので、興味本位で読んでみました!

超面白かった!!!2019年イチおススメです!

Advertisements

実話を基にしたビジネス版少年マンガ

言で表すなら、ビジネス版少年漫画。

読んでいて興奮のあまり毛穴が開く感覚を覚えたのは、久しぶりでした。

近いのは池井戸潤さんの下町ロケットとか半沢直樹シリーズとかですかね。

恐ろしいのは、この本は実在するOWNDAYSという眼鏡ブランドを田中社長が購入するところから始まる、事実を基にした話であるところです。

買収時のOWNDAYSは業績はメタメタで、経営もめちゃくちゃ。買収後いきなり資金ショートしそうになります。

そんなOWNDAYSを、田中社長がいかにして蘇らせたのか。

その過程には、波乱と冒険の物語がたくさん詰まっています。

常に資金ショートしかけてて、CFOの奥野さんはいつも対応に追われています。

そんな会社なので、銀行からの援助とまともに受けられず。

逆境の中でも、リスクを取って未来に賭けて、半額セールや高機能レンズ0円、果ては海外出店まで果たします。

物語としては、業績が回復し前経営陣が残した債務超過を解消したところで、俺たちの冒険はこれからだ!という感じで締められます。

僕が好きなストーリーを2つ紹介

男気溢れる取引先社長の話

3億円の資金ショートを目前に、大企業への身売りを検討していた田中社長に、取引先経営者の藤田社長が出資を決断する話です。

藤田社長は、田中社長の経営手腕を見込んで、その後の田中社長の決断も応援し、更なる融資も行います。

結局、世の中は人と人で出来ていて、好きな人のためにならばと大金を出せる男気に感動しました。

初の海外出店の話

もう1つは、シンガポール出店の話です。

資金繰りが苦しい中、海外に活路を見出し、無理やり出店します。
それが見事に大当たりします。

社員や現地スタッフの皆さんの興奮、喜びが伝わってきて、僕まで涙ぐんでしまいました。
よかったー!!って。

kindle unlimitedなら無料で読める!これを読まない手はない!

読み返したら、またこの話もよかった、ここも面白かった、といろいろ出てきます。
何よりこんな話が数年前に実際あった、というのが本当に凄いです。

僕はすっかりOWNDAYSが好きになってしまいました。
幸い眼鏡ユーザーなので、これからはOWNDAYSの眼鏡を掛けて、実際に物語に触れて読書完了としたいと思います。

Kindle Unlimitedなら無料で読めます。
無料じゃなくても読んで欲しいですが、況や無料をや!

今年一番のオススメ本です!まだ2月だけど!

コメント