営業マンにおすすめの書籍【本】

こんにちは、年間100冊くらい本を読むわたぱぱです(実はたいしたことない)。

はい、この記事では私が読んだ本の中で、営業スキル向上に役立つと感じた本を紹介します!

有名な名著から、マイナーだけど良い本をカバーしてます。また、良い本に巡り合ったら更新します。

では早速いきましょ。

広告

おすすめの営業本

営業は話す力より聴く力のほうが重要、という話は聞いたことがあるかもしれません。

頭ではわかっていても、つい場を繋ぐためであったり、アピールのため、数字に追われて、つい熱心なセールストークをしてしまうことがあるかもしれません。

また、「何を聞けばいいのかわからないよ」ということもあるでしょう。

本書では、相手の状況を把握すること、それにより何に困っているのか、どうすれば解決するのか、といったことを顧客自身に気づいてもらうための話術や思考法が紹介されています。

そこまでうまく話せれば、あとは相手から「なんかいい方法(商品)ない?」となることも難しくないでしょう。

説明不要かもしれませんね。

人の心を動かすためのノウハウや心構えが詰まっています。

営業はもちろん、人間関係全般に活用できるので、社内の人間関係や友人、夫婦の関係改善にもどうぞ。

これも有名な本ですね。

「返報性の法則」というものをご存じでしょうか?

人から好意を受けると、人は返さずにはいられないというものです。

そういった人の心理につけこんだ営業を避ける方法、逆にそういった心理を営業に活かすこともできるでしょう。

私が職探しをしていたときに出会った「リブ・コンサルティング」という会社の代表が書いた本です(受けませんでしたが)

この本は、「紹介営業」を販路拡大のため体系的に取り入れる方法について書かれています。

セグメント分け、優先順位付け、紹介してもらうためのノウハウが知りたい方はぜひ。

ド新規の営業より、既存顧客からの紹介を軸にしたほうが効率的ですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました